Jean Prouve Collection 2022

今年もあっという間に季節が巡り、気がつけば9月が始まりました。最近、朝方は涼しいを通り越して寒く感じるようになってきましたね・・・いよいよ秋が近づいてきました。
さて今日はこの秋の楽しみなお知らせです。

jean prouve

既存のジャン・プルーヴェ製品に新色の登場と、4製品が新たに復刻されコレクションに加わります。
今回復刻されたのは1947年にポテンス用にデザインされた円錐形のシェード「アバジュール コニーク」、2種類のスツール「タブレ N° 307」と「タブレ メタリーク」、1936年にデザインされたシェルフ「レイヨナージュ ミュラル」の4つの製品です。

カラーはアトリエ ジャン・プルーヴェのカラーパレットから新たに選定された色が登場し、代表作の一つ「スタンダード」はフレームが全8色から選択できるようになります。メトロクス札幌ではスタンダードの新色を含めたフレーム全色が9月24日より札幌店でご覧いただける予定です。その他の製品は10月上旬から2023年1月にかけて順次入荷次第、展示いたします。

スタンダードの新色など新製品は9月17日(土)より店頭・ウェブショップで販売を開始いたします。店頭ではカラーサンプルもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。
商品の情報は順次インスタグラムでもご紹介して行きますのでお楽しみに。

うるしろうそく

こんにちは、スタッフの内藤です。
みなさん、いかがお過ごしですか。

北海道の夏も後半に差し掛かりました。
今年は比較的過ごしやすい日が多く、昨年のような夏バテは経験せずに済みそうです。この涼しさのせいと言うべきかお陰と言うべきか、我が家のエアコン購入はまた来年まで持ち越しとなりました…。

さて今日は8月13日、盆の入りです。この時期になるとメトロクス札幌の店頭には毎年こちらの商品が並びます。七尾和ろうそくの老舗、高澤ろうそく店の「うるしろうそく」をご紹介します。

1982年(明治25年)に創業し、能登七尾でろうそくを作り続けている高澤ろうそく。江戸から明治にかけ北前船の寄港地として栄えた七尾の地は、各地から原料が集まり出来上がったろうそくを運ぶことができたことから、かつてろうそくの生産が盛んに行われていました。創業以来100年以上を経て、現在では石川県で七尾和ろうそくを作っているのは高澤ろうそく1軒のみ。伝統を守りながらも、現在の暮らしに寄り添うろうそくにまつわる様々なプロダクトを手掛けています。

この「うるしろうそく」はその名の通り、漆を材料に作られたろうそくです。正確には漆の実を使っています。高澤ろうそく店のある能登半島は輪島塗りで有名ですが、現在国産の漆はほとんど取れなくなってしまっているのが現状です。輪島でも漆の木を植樹して地元産漆の復活に向けて動いていますが、十分な量が採れるようになるのはまだ先。この動きを少しでも支援するために、ろうそくの原料にもなる漆の実を高澤ろうそく店が買い取り、ろうそくにしたのがこの「うるしろうそく」なのです。

和ろうそくは筒状にした和紙の芯に、灯芯(い草の表皮を取ったスポンジ状の部分)を手巻きしてひとつひとつ作られます。この芯は先まで空洞になっており、吸い上げたロウと酸素が常に供給されることによって明るく力強い炎がうまれるのです。和ろうそくの炎が風がない時に揺れるのは、こうして芯から空気が流れることによって起きる現象です。さらに植物性の和ろうそくは西洋ろうそくに比べて煤(すす)が出にくく、溶けたロウが垂れにくいのも特徴です。写真は火を灯してから5分程経過していますが、全くロウ垂れしていないことがお分かりいただけると思います。炎が大きいにもかかわらず安定して直立し燃え尽きるその特徴は、西洋ろうそくにはない和ろうそくの強みでありいちばんの魅力ではないでしょうか。また和ろうそくにはアロマキャンドルなどと違って香りがありません。なので食事の際にも、匂いや汚れを気にする必要がなくおすすめです。

1本の燃焼時間は約50分。漆の実が描かれた和紙で1本ずつ包まれています。雰囲気のある活版印刷の紙箱入りなのでプレゼントにもおすすめです。

同封されているリーフレットには英文の記載もあるので、海外の方へのプレゼントにも良さそうですね。

「日本の漆文化に協力していきたい」という思いから生まれる高澤ろうそくの「うるしろうそく」。橙色のあたたかみある炎は本当に美しく、時間を忘れてうっとり眺めてしまいます。お好きなお香やお茶をお供に、心安らぐ時間をどうぞお楽しみください。江別店に展示がございますのでぜひ店頭でご覧ください。お待ちしています。

高澤ろうそく店 うるしろうそく ¥2,090(税込)

それでは次回のブログもお楽しみに。
みなさん、どうぞ素敵な秋をお迎えください。

札幌店の8月の定休日

ソーデンランプ

8月は雨のスタートになりました。この時間になって雨足がまた少し強くなってきましたね。7月は後半から暑さが厳しい日が続いていたので、寝苦しい夜からは一旦解放されそうです。

さて、今日は札幌店の定休日のお知らせです。
3日(水)、4日(木)、10日(水)、17日(水)、18日(木)、24日(水)、25日(木)、31日(水)が定休日となります。11日(木)は祝日のため営業いたします。
江別店は定休日はありませんので、毎日10時〜19時まで営業いたします。

7月の上旬からスタートした「スタンプアップフェア」は今月の20日(土)までとなります。期間中に税込22,000円以上ご購入いただいたお客様には、スタンプが通常の2倍・実質10%分のポイント還元いたします。貯まったポイントはメトロクス札幌 両店にてお買い物の際にご利用いただけます。家具はもちろん、食器や小物等も対象となります。お得なこの機会に是非ご利用ください(セール品は対象外となります)。

8月はメトロクスのお隣の「BLAKISTON」で開催されるイベントや、江別蔦屋書店の夏祭りにも参加します。ブラブラブラキストン、夏祭りではくじ引きを行う予定です。豪華な景品をご用意して皆様のご参加をお待ちしております。

「デザイン市場 #ブラブラブラキストン vol.2」
日時:8/7 (日)13:00~18:00(雨天決行)
場所:札幌市中央区北10西16丁目28-145拓殖ビル1F BLAKISTON前

ソフトスポット ポータブルランプ

こんにちは、江別店スタッフの高橋です。

テレビでは連日“猛暑”や“40度越え”とニュースが流れていますが、北海道はまだ過ごしやすく気持ちが良い季節です。昨年のブログでもエアコンについて書いた記憶がありますが、今年も我が家はエアコンを付けない夏になりそうです(毎年考えるのがギリギリ)。お店では毎年、この時期になるとエアコンの話題が上がります。メトロクス札幌のスタッフの自宅は確か、みんなエアコンが無かったはずです。もしかすると今年は準備万端のスタッフがいるのかもしれません!暑い日はエアコンが効いた快適なお店で働くにつきます(笑)。

さて、7月は札幌店・江別店ともにキャンペーンやイベントが盛りだくさんですので、ご案内させてください。

◎_cthruit exhibition vol4 デザイナー梅田香奈さんのガラスのジュエリーブランド
札幌店 ~7.3sun
江別店 7.5tue~7.10sun

◎アカプルコキャンペーン
アカプルコチェア・アカプルコロッキングチェアをお買い上げでラウンドラグ(直径1m)をプレゼント!
~8.31wed

◎スタンプアップ・ポイント2倍フェア
税込22,000円以上お買い上げでポイントが2倍、実質10%分のポイント還元となるお得な期間です。大きな家具はもちろん、食器や小物も対象です。
※セール品や_cthruit など一部対象外あり。

どうぞお見逃しなく!!

 

そして、今回のブログは「スタンプアップ・ポイント2倍フェア」の対象にもなる商品をご紹介します。

北欧スローライフに欠かせないキャンドルやランタンのような優しい光を楽しめる卓上ランプ「ソフト スポット ポータブルランプ」です。

左から (スモーク、アンバー、オフホワイト)

有機的で柔らかいあかりのデザインで定評のマリア・バーントセンによる、LED を使った最新テクノロジーのシリーズ。ソフトスポット ポータブルランプは、USB充電式でワイヤレスのデザインになっているので、キャンドルを家の中で持ち運ぶようにランプも自由に持ち運びできます。

柔らかなあかりを灯すガラスシェードの色は、アンバーカラーとどんなインテリアの雰囲気に合わせやすいオフホワイトとスモークカラーのバリエーションがあります。あかりを灯した時と消した時の雰囲気が色によって違いますね。

シェード上部の黒いボタンに優しく触れてオンとオフ、長押しして明るさを3段階調節でき、やわらかな光を寝室やリビング、玄関など暮らしの中で自由に楽しめます。

充電方法は、本体を円盤状のベースに乗せるだけで実に簡単!充電中もスタイリッシュな照明です。約2時間の充電で最長約8時間のご使用が可能です。

カラーごとの専用箱入りで、各色揃えたくなってしまいます。皆さんはどのお色がお好きですか。どうぞお好きな場所でお使いください。8.20sunまでのスタンプアップ・ポイント2倍のお得な機会にどうぞ店頭でご覧ください!

ローゼンダール社 コペンハーゲン ソフトスポット ポータブルランプ 税込24,200円

サイズ:φ13×H24.5cm
素材:スチール(塗装)、プラスチック、ガラス
充電方式:USB充電 連続点灯時間:約8時間(Highモード時)

 

※「ローゼンダール社 コペンハーゲン」は、エリック・ローゼンダールが設立したローゼンダー ル社(現ローゼンダール・デザイングループ)によって 1992 年に立ち上げられた、デンマー クのライフスタイルブランドです。「良質なデザインは、創造性と構造体の間の絶妙に保たれ たバランスから生まれる」という哲学のもと、北欧デザインの伝統的思想を受け継ぎつつ、 世界の第一線で活躍する著名デザイナーとともに、ライフスタイルにより身近に溶け込むプ ロダクトを生み出しています。

 

最後までお付き合いありがとうございました。
それでは、次回のスタッフブログもお楽しみに!!

HARIO 茶茶ドリッパー ブーケ

こんにちは。
スタッフの窪田です。
早いもので6月!今年に入って半年が過ぎようとしていますね。
日々過ぎていく速さにハッと驚かされます。
ようやく温かくなり、過ごしやすくなってきました。
気温の変化が激しい季節、皆さま体調には気をつけてくださいね。

今日は先日入荷してきましたHARIOの新アイテム「 茶茶ドリッパー  ブーケ」をご紹介します。

お茶といえば急須に茶葉とお湯を注いで淹れるのが一般的ですよね。
こちらはコーヒーのようにハンドドリップでお茶を淹れる商品です。
ドリッパーというとコーヒーをイメージしますが、お茶をドリップしたらどんな味わいなのか、
とても気になったのでさっそく試してみました!!

淹れ方はコーヒーとほぼ一緒!
コーヒーと同じように、まずはドリッパーにペーパーフィルターをセット。
杯数分の茶葉入れたら少量のお湯を注ぎ、しっかり蒸らします。(蒸らす時間は20秒~60秒くらい)
そして、ゆっくりとお湯を注ぐと、ホルダーの小さな穴からお茶が滴下する仕組みとなっております。

コーヒードリッパーと比べて特徴的なのは、ドリッパー内部に空いている2つの穴。
穴の合わせ具合によって抽出するスピードが変わるため、煎茶、ほうじ茶、紅茶など、茶葉の種類よって抽出速度を変えることができます。

セットする穴が●と▼の2種類あり、抽出速度を変えられます。
●に合わせると速度が速く、▼に合わせると、遅い速度で抽出されます。

抽出時間の目安(2杯分)
煎茶(茶葉)6~7g/(抽出時間)60~90秒
ほうじ茶(茶葉)10g/(抽出時間)30~45秒
紅茶(茶葉)5~6g/(抽出時間)120~180秒

ドリッパーは耐熱ガラス「HARIO Glass」製で、お茶を淹れる際に抽出具合を確認できるほか、ドリップの様子や色味、立ち上がる香気をダイレクトに楽しめます。お湯を注ぎ入れることで茶葉がゆっくりと開き、中央から色づいていく様子も美しいです。
上から眺めると花が開いたようなフォルムがとっても可愛い♪
お茶をいれる過程を、視覚や嗅覚で楽しめるのもこのドリッパーのポイントですね!

茶茶ドリッパー ブーケ(1~4杯用) ¥1,980(税込)

さて気になるお味は~
ペーパーフィルターを使用することで、抽出されたお茶はスッキリとしたクリアな味わいを愉しむことができました。
丁寧にドリップして淹れたお茶は、一段と美味しく感じました!
ドリップ後はペーパーフィルターごと捨てられるので、片付けも楽ちん!これは嬉しいポイント♪
コーヒー好きさんも、これさえあれば飲み物の選択肢が一気に広がり、リフレッシュの幅が広がりますね。

ハリオから新登場のお茶のためのドリッパー「茶茶ドリッパー ブーケ」いかがでしたか?
とっても気になりますよね。笑
ありそうでなかった新発想!ぜひお試し頂きたいです。
ただいま江別店で販売しております。どうぞ店頭でご覧ください。

 

最期までご覧頂きありがとうございました。
次回のスタッフブログもお楽しみに♪