銘木椀

銘木椀 こちらの木椀を作っているのは、神奈川県小田原市に工房をかまえる薗部産業さんです。 ろくろ挽きの技法を用いて職人によって一点一点手作業で作られています。 木を選別し乾燥、成形、塗装仕上げまでの作業を職人が行い、お椀一点が出来るまで10カ月という時間を要しているそうです。 日本原産の銘木を使い、バリエーションはくり、けやき、くるみ、さくら、なら、ぶなの6種類。 それぞれの異なる木目の美しさがあり、色や重さも違います。同じ樹種であっても一つとして同じものはありません。巡り合ったお椀は世界に一つ、それだけで愛着が湧きますね。 持ってみるとぽってりとした丸いフォルムが手になじみ、優しい木のぬくもりを感じます。使い心地も抜群で、熱いものを入れても手にじかに伝わらないようになっているのでお子様にも安心です。また表面にウレタン加工が施されているので汚れがつきにくく、水弾きがよいので普段使いできるのも魅力です。 銘木椀 木椀をひっくり返すと木種が刻印されています。 わが家は家族みんな違う樹種にしたので、「今日は桜にしようかな」とその日の気分で選んでいます。自分だけの木椀と決めて使う予定でしたが、どれも良くてひとつに絞れず. . . みんなで使おう!となりました。笑 汁物だけでなく、シリアルやヨーグルト、サラダボールとしても重宝しています。 様々な用途で使用できるのもうれしいですね。家族みんなで経年変化を楽しみながら育ててゆきたいなと思っています。 銘木椀 銘木椀 各種¥3,800 +tax 化粧箱入りになりますので、贈り物にもおすすめです。 天然木ならではの風合いをお手にとって是非ご覧ください。    ]]>

Riki Mobile Chambre

Instagram、皆さまご覧になっていただけましたでしょうか。 私がメトロクスでお仕事をするようになって最初に一目惚れした商品が、実はこのリキモビール シャンブルでした。 1972年、巨匠渡辺力が新橋第一ホテルのメインバー「シャンブル」のためにデザインしたモビール。 このモビールを半世紀近い時を経て、メトロクスが「リキモビール シャンブル」として2017年に製品化しました。 氏が好んで使用した銅板とチーク材が使われたこのモビールは、シンプルな要素ながら絶妙なバランスで構成されており 風を受けて動く姿は本当に美しく優雅です。いちばん下のパーツに「Riki」のデザインが刻印されているのもオシャレです。 我が家のシャンブルです。照明によって壁に映し出されるシルエットが、また違った表情を見せてくれます。 リキモビール シャンブル 3連 ¥16,000+tax  4連 ¥19,000+tax リキモビール シャンブルは円山店、江別店でそれぞれ展示中です。 オンラインショップからもご購入できますので、ぜひご覧ください!]]>

白山陶器 G型しょうゆさし 

人気の理由は大きく4つあり、 安定感の良い底の形状、片手で持ちやすいくびれ、しょうゆを補充したり洗いやすい広めの口、たれにくい注ぎ口があげられます。 おしょうゆの他、お酢や他の調味料入れとしても使え、内側は中の調味料が解りやすいように、白磁で仕上げているのも細かいポイントです。 実際に使ってみて、おしょうゆをさした時のキレの良さ、そしてお手入れのしやすさにはびっくりしました。 注いだ後は、少しだけもどすように傾けるのが、注ぎ口にしょうゆを残さないコツだそうです! 2018年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しております。 大小2サイズ、カラーバリエーションも豊富にありますので、どうぞお手に取ってご覧になってください。 大(160ml)¥1.700+tax 小(80ml)¥1.500+tax  ]]>

HARIO V60 ドリップケトル・ヴォ―ノ

HARIO V60 ドリップケトル・ヴォ―ノ です。 HARIO V60 ドリップケトル・ヴォ―ノ マットブラック ¥5.500+tax 色はシルバーとマットブラックがあり、家ではマットブラックを使用しています。 マットなつや消しブラックで汚れも目立たずキッチンに置いたままでも素敵です。 内容量はシルバーは1Lと1.2L、マットブラックは1.2Lのみとなっております。 HARIO V60 ドリップケトル・ヴォ―ノ シルバー1L ¥3.800+tax  1.2L ¥4.000+tax 注ぎ口の細いドリップケトルでお湯の量やスピードがコントロールしやく、美味しいコーヒーを入れることができます。 持ち手の角度も計算されていて持ちやすく、本体も軽いのでとても注ぎやすいです。 フタは逆さに置くことができるフラットツマミになっているので置き場所に困りません。 全ての熱源に対応しているのでコーヒー好きの方へのプレゼントにもおすすめできる商品です。 オンラインショップでもご注文いただけますので、是非ご覧ください。 次回の更新もお楽しみに!]]>

オールプラスチックチェア

オールプラスチックチェアです。 オールプラスチックチェア 一見クラシックな木製チェアのようですが、2種類のプラスチック素材を用い、座面は暗めのトーン、背もたれはわずかに明るめのトーンで2色のカラーを組み合わせています。 我が家もそうですがお子様のいるご家庭では、食べこぼしで椅子を汚してしまったということがあるかと思います。せっかくの楽しい食事が一気にどんよりと暗い空気になんてことも. . . そんな時サッと拭いて、いつでも清潔な状態を保つことができるという点は嬉しいですね。 オールプラスチックチェア オールプラスチックチェア¥30.000̟+tax  カラー:左 アイスグレー 右 バターカップ 背もたれとフレームの間にあるゴム製の緩衝材により、おしゃれだけでなく座り心地の良さもポイントです。 実際に座ってみると、座る動きに応じて緩やかな屈曲がうまれ、座面につけられたわずかなくぼみがお尻にフィットして、ゆったりと快適に座ることができました。 軽量で耐久性が高く、日光と水に強いプラスチック製の為、お部屋だけでなく屋外でも使用可能です。 暖かくなってきたのでこれからの時期、ご自宅のウッドデッキでバーベキューなんて時にも最高ですね! 選べるカラーは全部で7色。写真のカラーの他、ホワイト・グラファイトグレー・アイビー・ブリック・ブラウンがあります。 家族で色を変えてみたりするもの楽しいですね♪ オールプラスチックチェアは、webショップでもご注文いただけます。 ご紹介した2色は江別店で展示しておりますので、どうぞご覧ください。 それでは次回のスタッフブログもお楽しみに!      ]]>