幸福な食卓

大通り公園では、明日から雪祭りが始まりますね。
人の多さと寒さの理由から、中学時代より、かれこれ10年も
雪祭りからは足が遠のいていますが、
夜に見る雪祭りの素晴らしさについて、、、
極寒の中のおでんの美味しさについて、、、
延々語る友人に影響され、
今年はホッカイロ+ヒートテック+温かい飲み物の
3大保温対策のもと、見に行こうかと思っています。
寒い中で頂く熱燗は、最高ですよね!

おでんの話が出てきましたが、
今回は私の生活の中での最重要事項、“お食事”について。。。

永六輔さんの本、「無名人名語録」の中で、

“食事は、味の美味い不味いではなく、思い出である。”

なんていう言葉が出てきますが、私もその意見に賛成派です。
料理の味は大切ですが、後になって思い出すのは味覚よりも、
お食事の最中の感覚(=イメージ)が私は強いのです。
お店の雰囲気、スタッフの方の気配り、一緒に食事をしている人とのやりとり、、、
これらが総合して、その日の食事の良し悪しになるのではないでしょうか。

食事の良し悪しを決める要素は、食事をする際のお部屋の明るさや、
広さ、テーブル、椅子、清潔感、もちろん味、、、色々あると思いますが、
私の中での重要アイテムの一つ、それは、

器(うつわ)です。

特に女性の方や、料理を作ることをお仕事にされている方は、
百貨店の食器コーナー、外食の最中、
つい立ち止まってしまう、食べるのを止めて食器に心を奪われる、
という方も少なくないと思います。

かくいう私も、家族3代食器好きです。
(最近知ったのですが、親戚に焼き物に興味を持ち過ぎて、自分の窯を持っている人までいました。。。)

メトロクスに入社した時も、初めて見る食器が多く
これはパスタ用、これはおひたし用・・・とあれこれ妄想に耽る日々を過ごしていました。
kirico1.jpg
小ぶりなガラスものから、

hiragata.jpg
ご飯を盛る以外にも、お惣菜を盛ってあげてもしっくりくるお茶碗や、
相当な人数分のサラダが入るのでは。。。というボウルまで。

それぞれの食器が個性豊かで、毎日見ていても何故か新鮮で、凛とした印象を受けます。
それと言うのも、店頭に置いている食器たちは、ひとつひとつ職人の手で作られているものが多く、
これらの器がお店に並んで、お客様の手に取って頂くまでには数えきれないほどの、作り手の方の試行錯誤があるからなのです。
たくさんの失敗や挑戦があって生みだされたものだからこそ、
皆さんに選ばれ、大事に、永く使って頂けるのですね。

メトロクスといえば家具!というイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、
女心をくすぐる食器や、久々に手の込んだお料理作ろうかしら、と思わせる大皿・小皿などなど、
色々と揃っていますので、お食事の時間をより充実させたい方は是非メトロクスまで!
お待ちしております。

jfdghjhthit45
このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category スタッフブログ | Author