ドムスチェア

三連休初日は晴れ間も広がり、良いお天気に恵まれましたね。この時間になり雨になりましたが・・・。
明日も晴れると良いなぁという事で、本日は新入荷商品のご紹介です。

先月からスタートした展示サンプル品のセールと同時進行で円山店には昨日ご紹介したDCMやartekのベンチなど新商品がいくつか入荷してきています。本日ご紹介する「ドムスチェア」も新入荷商品のひとつです。

ドムスチェア

ドムスチェアはフィンランドの家具デザイナー、イルマリ・タピオヴァーラ(1914〜1999年)が1946年に、ヘルシンキの学生寮「ドムスアカデミカ」のためにデザインした椅子です。

ドムスチェア

成型合板と無垢材を組み合わせた作りで、小さな肘掛けがついたとてもシンプルなスタイルの椅子。背と座面に三次曲線を描く成型合板が使われています。この曲線を描く背と座面が身体にしっくりとくる形状で、座り心地もとても良い感じです。脚先にはフェルトグライドが付いていますので床へのダメージにも考慮されています。

ドムスチェア

ドムスチェアの背面。背もたれ、座面、肘掛けなど各部を固定するネジも意匠の一部として見せている潔いデザイン。この肘掛けは床から約66cmの高さにあり、テーブルの天板の邪魔にならずにすんなりとテーブルに収まります。

ドムスチェア

写真はブラックステイン仕上げのモデル。本体はバーチ または オークから、そして背と座面のレザー張りのモデルなど豊富なバリエーションからお好みの仕様を選択可能です。
メトロクス札幌の円山店では オーク(ナチュラルラッカー仕上)を展示しています。是非店頭でご覧ください。