ヘロン ハイバックチェア

こんにちは、スタッフの内藤です。
みなさん、いかがお過ごしですか。

3月中旬、今日の関東は20℃超えだとか。我が家の窓からはまだ雪山しか見えません…同じ国とは思えないですね。それでも、雪の下では蕗のとうやクロッカスの蕾が今か今かと雪解けを待っているのでしょうね。春を楽しみにしているのは私だけではなさそうです。

さて、すでにご存知の方も多いかと思いますが。メトロクス札幌では只今スタンプアップフェアを開催中です。3月末までの期間中に税込33,000円以上ご購入いただいたお客様には、スタンプが通常の2倍、実質10%分をポイント還元いたします。貯まったポイントはメトロクス札幌両店にて、お好きな商品をお求めいただけます。新生活の準備などご検討中の方は、お得なこの機会に是非ご利用ください!

今日ご紹介するのは、名作バタフライスツールや低座イスを生み出した日本のプライウッド家具を牽引する「天童木工」のこちらの商品です。

「ヘロン ハイバックチェア」

かつて天童木工のインハウスデザイナーであり、技術者でもあった菅沢光政氏のデザインにより誕生した「ヘロンシリーズ」。1本脚のサイドフレームの形状が鳥の鷺(さぎ)の姿に似ていたことから、「Heron」と言う名が与えられました。1967年にグッドデザイン賞・発明賞を受賞した名作チェアです。菅沢氏は1963年入社以来、多くの有名デザイナーと組み、メーカーの立場からその実現を支えた人物です。いわばプライウッドの第一人者。数々の名作椅子の復刻もプロデュースしてきました。

この椅子の側面を眺めると、一体成型の成り立ちがとてもよくわかります。一体化したコマ入れのサイドフレームは、天童木工が独自に開発した高い加工技術を背景として実現した頑強のフレームです。アーム部分以外は継ぎ目がなく、ひとつのプライウッドで形成されているため、強度が強まりシャープなシルエットに仕上がっています。

天童木工が得意とする成形合板。単板と呼ばれる1㎜ほどの薄い木の板を重ねて型に入れ、加圧・加熱して成形する技術です。薄くても強度を保てる成形合板は、無垢材では出せない美しいカーブやフォルムを可能にしました。

分割されたクッションシートは程よい弾力を持ち、身体へのあたりが心地よく、全身の緊張を解いてくれます。背もたれ上部は頭と首を支えるように。腰は椎間板のカーブに沿うように、脚元は自然に足先を前に投げ出し身体のどこに気を取られることなくリラックスできます。計算しつくされたフレームとクッションシートによって、どこか一部分に圧力がかかることなく、自身の体重も忘れてしまいそうになります。

発売から50年以上。長きに渡り作り続けられ愛され続ける理由が、身体を預けるとすぐにわかります。癒しのひとときを与えてくれる名作「ヘロンハイバックチェア」。江別店にて展示中です。どうぞ店頭でお試しください。

ヘロン ハイバックチェア ¥97,900(税込)~
(張り地のグレードにより価格が変わります)

それでは、次回のスタッフブログもどうぞお楽しみに。

*株式会社天童木工*
1940年に現在の山形県天童市に創業。「成形合板」を国内家具メーカーでいち早く実用化し、国内外のデザイナーや建築家との協働によって、後の名作と呼ばれる家具を多く生産している。官公庁や企業の上級エリアから一般家庭まで、その実績は多岐にわたる。職人技が光る家具の数々は時代を超えて支持され続けている。

アレキサンダー・ジラード ウッデンドール

こんにちは、気づけば明日から3月。これから一気に雪解けが進んで行くのでしょうか。長く雪深い冬から、例年なら明るい春に向かっていくはずが、世界情勢を考えると手放しにそうではありません。どうか1日でも早く安心して暮らせる日常に戻りますように。

今回のブログは、アレキサンダー・ジラード作品の復刻に力を注いできたヴィトラ社のジラードコレクションの中から、日々の暮らしを鮮やかに彩る遊び心が詰まった「ウッデン ドール」をご紹介します。

 

ウッデンドールがこんなに勢ぞろいした姿は圧巻です。見ているだけで楽しくなりますね。建築を学んでいたアレキサンダー・ジラードは、親交の深かったチャールズ&レイ・イームズやジョージ・ネルソンとともにミッドセンチュリーのアメリカデザイン界を牽引した人物のひとり。

ジラードのデザインは無駄な装飾を削ぎ落としたミニマルでシンプルな古典的モダニズムに対して、暮らしに遊び心や楽しさを提案するものでした。家具、展示、インテリアデザイン、グラフィックなど幅広い分野において活躍しました。デザイナーであると同時に、世界中の民芸品の収集家でもあり、その旅の中でジラードが集めた民芸品やテキスタイルからインスピレーションを受け、自身のデザインの源となりました。

ヴィトラの創業者の息子、ロルフ・フェルバウムが、アレキサンダー・ジラードとその妻スーザンに会うために、サンタフェのジラード自邸を初めて訪れた際、その素晴らしさに深く感銘を受け、「私が今まで見たアメリカの家の中で、最も魅力的な家である」と両親への手紙にも記しています。

サンタフェの自宅用にデザインしたウッデンドールも世界の民芸品やテキスタイルからインスピレーションを受けたものです。1960年代当時は販売に至らなかった幻のオブジェですが、ジラード邸のオリジナルに基づいて、ヴィトラ社により製作・復刻されました。

ウッデンドールは、様々な形のモミの木に熟練の職人が1点ずつハンドペイントし作られています。どこかユーモラスな表情と形、羽根やリボンをまとったもの、これはなんだ?と考えてしまうようなもの、前後左右の姿を楽しめ、思わずにんまり。それぞれ木の化粧箱に、ジラードのサインが入った正規ライセンス証明書付きです。ユーモラスな大人のプレゼントに、大人のインテリアにいかがでしょうか。

ウッデンドールは札幌店と江別店でご覧いただける他、メトロクス札幌Webショップでもお求めいただけます。

ウッデンドール 17,600円(税込)~

それでは、3月のスタッフブログもお楽しみに!

HARIO  珈琲狂時代

こんにちは。
江別店の窪田です。

先日の記録的な大雪、皆さま本当にお疲れさまでした。
未だ続く交通障害、家から出るにも帰るにも一苦労ですね。
大雪と合わせてコロナの感染も広がり…心配です。一日も早く、終息する事を祈るしかないです。
無理をせず、今季を乗り越えたいですね。 頑張りましょう!!

さて今日は、コーヒー好きな方におすすめ ♪
癒しのひとときを盛り上げてくれるコーヒーグッズをご紹介したいと思います。

『 珈琲狂時代 Mini Coffee Drippe 』

2021年創業100周年を迎えたHARIOより、100年の歴史の中で話題となった製品が期間限定で復刻販売されました。コンセプトは「インスタントと同じくらいの手軽さで、本格コーヒーを愉しむ」HARIOを代表するV60透過ドリッパーの原型と言える商品です。
まず見た目から、ころんと小さくて可愛いですよね♪
ガラス製品メーカーならではのサーバーのフォルムがなんともいえない趣です。

ステンレスワイヤーがらせん状に巻かれドリッパー部分と、それを支えサーバーとしても機能する耐熱ガラスピッチャーが一体となったドリッパーセットです。ペーパーフィルター・計量スプーン付きです。
全てがセットになっているので、コーヒーの粉があればすぐに楽しめるのも嬉しいポイントです!

淹れてるところ~♪
最近は珈琲狂時代ばかり愛用しています。
とってもお気に入りです。
珈琲は飲むだけでなく、淹れてる時間も楽しめるのが良いですよね。
そして美味しい!!
そんなホッとする瞬間が幸せです。

話は戻りまして。。。

1人用のとても可愛らしいサイズです。
1~2杯分240ml分抽出できます。(ゴム製のグリップ下のラインが240mlになるようです。)
取っ手のラバーは、挟んでいるだけでなのですぐに取り外せて、洗浄するのも楽です。
抽出後、ペーパーフィルター置きカップを用意しておくと安心です。
全てがシンプルで耐熱ガラスの作りなのでお手入れがとてもしやすいのも嬉しいです!

サイズ:幅 105 × 奥行 90 × 高 117mm
容 量:実用容量240ml (1-2杯用)

珈琲狂時代 ¥2,750(税込)

HARIOの100周年復刻版シリーズ「珈琲狂時代」、いかがでしたか?
実際に見たら小さくてもっと可愛く見えると思います。持ち運びにも便利なサイズ感は、キャンプにもgood!!
そして「復刻版」という響きもいいですよね。(笑) プレゼントにもおすすめです!
ただいま、江別店で販売しております。
限定商品ですので気になる方はお早めにご来店くださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。
次回のスタッフブログもお楽しみに。

カール

こんにちは、江別店の内藤です。
みなさん、いかがお過ごしですか。

新たな年を迎え、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。またまた心が落ち着かない日々が続きそうな予感…どうしようかといろいろ迷っているのは私だけなようで、子供たちは制限だらけの学校生活でも笑顔で迷いなく進むのみ。その強さを分けてもらいながら、迎える2月もきっと頑張れる。そう思う今です。みなさん、踏ん張りましょう!

今日はメトロクスのオリジナルブランド「nuskool(ヌースクール)」から、こちらの照明をご紹介します。

【カール】

カールは「へら絞り」という技術を用いた琺瑯のランプです。このシェードのフォルムを見て、みなさんは何をイメージされるでしょうか。形状のモチーフとなったのは、古来から日本の風景をつくってきた神社仏閣の屋根。カールは、雄大な曲線を描く神社の屋根と同じ曲線を用いています。シェードの成形工程では、金属板を回転させながら「へら」と呼ばれる棒を押し当てて少しずつ変形させる「へら絞り」という技術を用いて製作されています。


カールL(素地タイプ)
神社仏閣の屋根からインスパイアされた雄大なフォルム。内側と外側が緩やかに反転しながら反り返る形状は、一般的な琺瑯製品に施されている補強や歪み防止のための口縁部を外に巻く加工を肥大化させたことにより生まれました。


カールS(ホワイト)消灯時
シンプルで優しい印象のホワイトはどんなインテリアにも馴染み、消灯時でも空間を明るくしてくれます。


カールL(チャコールグレー)点灯時
チャコールグレーと内側からのぞくホワイトカラーのコントラストが空間を引きしめます。

取り付けが簡単な引っ掛けシーリング式。ソケット式の電球は白熱電球もLED電球も使用可能です。本体のカラーに合わせたコードとフランジカバーが付属しています。

カールS 素地タイプ¥19,800(税込)/ホワイト・チャコールグレー¥29,700(税込)
カールL 素地タイプ¥26,400(税込)/ホワイト・チャコールグレー¥39,600(税込)

江別店では素地のタイプS・L両サイズを展示しております。どうぞ店頭にてご覧ください。
それでは、次回のスタッフブログもお楽しみに。

エキクロック

こんにちは、江別店の高橋です。年が明け、気づけば1月も中旬になっておりました。
大変遅くなりましたが、本年もメトロクス札幌スタッフブログをどうぞよろしくお願いいたします。

しかし連日雪!雪!!雪!!!短期間にどっさり大雪となりました。
私も長年江別におりますが、ここまでは、、、記憶にありません。
少し落ち着くまで、どうか皆さまお気を付ください。いずれ春はやって来ますよね、待ち遠しい~!!

さて、今回のスタッフブログは、掛け時計の中でも人気の高いエキクロックをご紹介します。

話はそれますが、札幌駅南口のシンボルと言えば、南口外壁の「星の大時計」。2003年、滝川市出身で世界的にご活躍されている彫刻家の五十嵐威暢さんデザインによるものです。


出典 五十嵐威暢さんホームページより

そして、五十嵐さんは札幌駅の東西両コンコースにも駅時計をデザインしています。駅を利用される方は見覚えありますよね。この駅時計のデザインをオリジナルに沿って壁掛時計として発売されたのが、このエキクロックです。

札幌駅東西コンコースの駅時計は片面が白、裏面が黒の両面表示になっています。それぞれ白の文字盤には黒で、黒の文字盤には白で書かれた数字は、はっきりとした配色で視認性に優れます。

数字は、下からでも見やすいように、半分から下の4から8の数字を 9から3とは逆の中央へ向かったデザインになっています。
オリジナルの数字は、駅時計にふさわしく、読み易く美しい文字盤のデザインです。時計枠は、砂型にアルミを流し込むアルミ砂型鋳物 、切削加工で作製しています。アルミの時計枠は文字盤をより引き立てます。また、文字盤とガラスの距離を最小限におさえ、壁掛け時計として、究極のベーシックデザインを追及しています。

一度、惜しまれながらも生産中止となりましたが、リキクロックを製造しているレムノスより一回り小さなサイズとなって2016年に復刻されました。文字盤のカラーは、ホワイトとブラックの2色ですが、今回新しくグレーモデルが発売になりました。


eki clock 15th anniversary gray model

グレーモデルは、札幌駅コンコースの時計を家庭用にリサイズしエキクロックとして発売、グッドデザイン賞を受賞してから15周年を記念して、「eki clock 15th anniversary gray model」として発売されました。既存のブラックとホワイト、今回発売されたその中間のグレー色はとてもやわらかく、また違った印象です。どんな空間にも馴染みやすいお色です。

ご自宅用にはもちろん、駅時計をモチーフに作られただけあって、広い空間でも視認性が非常に高く、離れた場所からでもはっきりと時刻が読み取れます。シンプルでありながらオリジナリティがある、他のベーシックな時計とはまた違う、エキクロック独自の個性を確立しています。店頭ではもちろん、札幌駅でも是非ご覧ください。

エキクロックは、札幌店・江別店の他、メトロクス札幌Webショップでもお求めいただけます。

エキクロック 13.200円(税込)
Φ256. D40. アルミニウム/ガラス ステップ式