MOEBE フレーム

こんにちは、スタッフの内藤です。
皆さん、いかがお過ごしですか?

いよいよ4月です!春です!新生活の準備で忙しい方も多いかもしれませんね。何だかソワソワと落ち着かない時間は、新しい出会いや経験によってきっと価値ある時間へと変化するのでしょうね。皆さん、体調に気をつけながら素敵な春をお過ごしくださいね。

さて今日は、春のお部屋の模様替えにもぴったりのアイテム。MOEBE社の「フレーム」をさくっとご紹介します♪


MOEBE(ムーべ)は2014年に、2人の建築家と1人の家具職人によって設立されたデンマーク発のプロダクトブランドです。製品の素材・製造過程・配送される状態からパートナー企業の理念まで、環境や持続可能性をとことん追求した上で生み出されたデザインが魅力です。ムーべの代表的なアイテムでもある「FRAME(フレーム)」。普遍の形とも言える「額縁」を、これまでにない観点から捉え直しデザインされた代表的なアイテムです。必要最低限のフォルムによってフレームそのものが主張せず、フレームに収めたものに自然と焦点が絞られるシンプルで美しいデザインのピクチャーフレームです。


一見世にありふれているシンプルなフレーム。しかし、ムーべのフレームは他のものとちょっと違います。2枚のアクリルを4本の枠で囲い、ラバーバンドでぐるりと固定するだけの超絶シンプルなフレームなのです。アクリル板には全部で4枚のフィルムが付いているので、剥がしてからご使用くださいね。


フレームからラバーバンドを少しだけ引き出して吊り下げることもできます。アクリル板なので軽く、押しピンなどで吊り下げられる重さです。背面に紐や金具をなくすことで、フレームが壁に沿うようにぴったり。壁から浮いてしまうなんてことがありません。縦横OKな構造も嬉しいポイントです。レイアウトを考えるのが一段と楽しくなりますね。



現在、江別店で展示しているフレームはA3とA4サイズの2種類。カラーは天然オークの素材感を生かした「オーク」、アルミの質感がシャープな印象の「ホワイト」と「ライトグレー」をセレクトいたしました。規格サイズのフレームですが、紙以外にも押し花をそのままコラージュしたり小さなポストカードを数枚挟んだりと自由な発想でお楽しみいただけます。ハードルの高いアートじゃなくても、まずは身近にあるものからチャレンジしてみてください。このフレームなら、きっとスタイリッシュに仕上がりますよ!店頭でもぜひチェックしてみてください。

MOEBEフレーム
A3 ¥8.800
(税込)
A4 ¥6.600(税込)

それでは次回のスタッフブログ、またお楽しみに!

FLOS メイデイ

こんにちは!
江別店スタッフの窪田です。

良い天気に恵まれました3月13日、無事に桑園本店リニューアルオープンいたしました!
オープンの際は、多くのお客様にご来店いただき本当にありがとうございました。
また、たくさんのお花やお祝いを頂戴しましたこと、重ねて御礼申し上げます。
明るい日差しが入り込む、広々とした新店舗は、とても素晴らしい空間となりました。


撮影:古瀬  桂

是非とも皆さまご来店くださいね!
そして、これからも変わらぬご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

さて、今回は桑園本店にも展示されておりましたフロアランプ『メイデイ』をご紹介しようと思います。

メイデイ(Mayday)はイタリアの名門照明ブランドFLOSが製造する照明です。
デザインを手掛けたのは家具や食器など幅広い分野で活躍するコンスタンチン・グルチッチ。
ミニマルの中にユーモアさを織り混ぜるデザインが多く、日本でも人気の高いインダストリアルデザイナーです。
メイデイはイタリア工業デザイン界の最高とも呼ばれる「コンパッソ・ドーロ賞」の受賞や、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションに選定されています。

一番の特徴は自由に配置できることです。フックがデザインされたこの照明は、様々な場所に吊り下げて使うことができます。その形状と本体に巻き付けられた4.8mのコードで天井から吊り下げてペンダントライトのように使ったり、床や机の上に直接置いてスタンドライトとして使うこともできる斬新な照明です。

「置いて、吊るして、引っ掛けて」いろいろな使い方ができるフレキシブルなデザインは、気分や部屋のレイアウト変更にも柔軟に答えてくれる優れものです。

通常照明を設置できないような場所にまで設置することができ、理想の場所に明かりを灯すことができます。
必要な場所に明かりを持ち歩くことのできるメイデイは、これまでの照明にはなかった斬新で画期的な照明です。

読書灯として部屋の中を持ち歩いたり、アンビエント照明として使用したりと用途は無限です。
乳白色のシェードで本体を支えているので、床置きしても不快な影ができません。
お部屋の中に、幻想的で美しい光溜りを作り出してくれます。

コートハンガーやフックに引っ掛けるための穴も付いています。
やわらかい感触のスイッチが本体についていて、簡単にライトをオン・オフできます。

メイデイ ブラック・オレンジ¥15,000+tax
ホワイト¥19,000+tax

世界最高峰のデザイン賞を受賞していながら手を伸ばしやすい価格設定であることや、おしゃれだけでなく機能性が高いところ、実用性に富んでいるところがメイデイの魅力です。カラーはブラック・オレンジ・ホワイトの3色です。カラーによって印象も変わるので、自宅に置くなら何色が良いか想像しながら選んでみてくだいね。
新生活に向けてお部屋のインテリアに拘りたい方なんかにはおすすめしたい一品です!

メイデイは本店・江別店ともに展示販売しております。またメトロクス札幌Webショップでもお求めいただけます。是非店頭でご覧ください!

 

FLOS / フロス
1962年、スプレー噴きつけ式の樹脂コーティング技術 『cocoon』 を応用した照明を開発すべくイタリアに設立。cocoonを使った照明はカスティリオーニ兄弟によって製品化され世界中の賞賛を浴びることになる。
以後、フロス社は多くの著名デザイナーの作品を発表。そこから生まれた数々の名作は世界各国で賞や美術館の永久コレクションに選ばれている。そして現在、FLOSは世界のモダンインテリア照明のパイオニアとしての確固たる地位を築き、現在も世界の第一線で活躍するデザイナーによる作品を発表しています。

 

 

artek ドムスチェア

こんにちは。江別店スタッフの大賀です。

3月11日
10年前の今日は忘れられない日、忘れてはならない日。
改めて一人一人が考えていかないといけないですね。

いよいよ今週の13日土曜日に本店円山が桑園に場所を変えてリニューアルオープンいたします!
今も移転作業の真っただ中・・・光がたくさん入る広々とした素敵な空間です。
暖かくなって雪も解けて春が近づいてきていますね。
新しくオープンする桑園店で新生活のお買い物はいかがでしょうか?

本日はartekドムスチェアをご紹介いたします。
artekとは1935年にアルヴァ、アアルトが自作の家具を国内外に販売するために妻、アイノ・アアルト、マイレ・グリクセン、ニルス・グスタフ・ハールで設立した、北欧モダンを代表する北欧ブランドです。
メトロクスでも人気で、スタッフブログでも登場回数が多いです!

artek ドムスチェア ¥84,000(+tax)~
仕様によって価格変わります。写真のモデルはオーク材で¥93,000(+tax)

ドムスチェア1946年に誕生しました。
近代的な家具デザインの名作とされており、イルマリ・タピオヴァーラによりヘルシンキの学生寮「ドムス アカデミア」の為にデザインされたチェアです。
高い評価を受けたドムスチェアはフィンランドを代表する椅子として「フィンチェア」という愛称でも呼ばれています。
バーチ材の他にオーク材仕様のモデルもあり、江別店ではオーク材を展示しております。
他にはバーチ材のステイン仕上げ、座面が革張りのモデルなどもそろっています。

人の身体に沿った広い座面で長時間座っても疲れにくく心地良く過ごすことができます。
背中も身体に合わせて湾曲しており、包み込まれるような座り心地です。
以前ご紹介した66チェアはコンパクトな椅子ですが、ドムスチェアはがっちりとした無骨なつくりになっています。
アンティーク品としても出回っており、数十年使っていても安定して座る事が出来るとても丈夫なチェアです。
ゆっくりと本を読んだり、お茶を飲んだり・・・リラックスタイムにぴったりのどっしりとした優しい雰囲気のチェアです。
このチェアに座ってお茶を飲みながら編み物をしたいです・・・
次に購入したいメトロクス商品リストにしっかりと入っています!!

この小さくてかわいいひじ掛けが特徴ですよね。
ひじ掛けがある椅子は楽に座れてリラックスできますが、テーブルにうまく収まらないことが多いと思います。
ですがこのサイズのひじ掛けならばテーブルに収めた時も収まりがいいのでダイニングチェアとしてもおすすめです。
スタッキングできるデザインになっているのでお客様がいないときは重ねて収納が可能です。
実際にお座りいただくとゆったりとした座り心地の良さ、木の温かみを感じていただけるいただけると思います。
是非店頭でお試しいただけたらと思います。

それでは次回のスタッフブログもお楽しみに!!

角田清兵衛商店 お弁当箱小物

こんにちは、江別店の高橋です。

本店の円山での営業が3/2で終わり、桑園移転に向けて慌ただしく準備をしている最中です。
移転オープンまでもう少々お待ちくださいね。私もとても楽しみです。

いよいよ3月ですね、3月は嬉しいような寂しいような、別れと出会いの季節。
そして引越しや新生活の準備に追われている方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな新生活の準備に少しでもお役に立てたらと思い、
角田清兵衛商店のお弁当箱とお弁当小物をご紹介します。

角田清兵衛商店とは、今から約190年前の江戸の末期、天保元年(1830年)に
紀州漆器の専門店として創業した非常に歴史深い会社です。
現在は紀州日方(熊野街道沿い)にある店舗で、
節や木目など木が持つひとつひとつの個性を大事に育んだ木製品などを作られています。

木目が非常に美しい和歌山産の紀州ヒノキを贅沢にくり抜いて作られたお弁当箱です。
木の塊をくり抜いて作るので、どこにも継ぎ目がなく、とても美しい仕上がりになっています。
なんと、1日に10個程しか作ることが出来ないとても貴重で贅沢なお弁当箱なのです。

機械でくり抜いたお弁当箱はサンドペーパーでツルツルになるまで磨いているので
手触りが良く、とても滑らかです。
その後、ウレタン塗装とナノコート仕上げを施し完成します。
ナノコート仕上げとは、無味無臭・無色透明になる技法を施した新しいガラスコーティングで、
木目の風合いを残したまま耐摩耗性、防汚性、対傷性に優れています。
ナノコート仕上げにより、木のお弁当箱でも食器洗洗浄機を使うができるのが嬉しいですね。

また、ナノコート仕上げをしても通気性は維持できるため、
お米もおかずもべた付かず、年中使えるお弁当箱です。


紀州檜弁当箱 ¥8,500+tax~

スタンダードで使いやすい小判型の1段のタイプは深さがあり、仕切りも付いています。
ご飯とおかずが分けて入れられる小判型2段は、容量400+500mlでたっぷり食べたい方におすすめ。
小判型の他、正方形のタイプやタンバリンの曲げ輪を作る技法で作られた「おひつBENTO」も
あります。フタを開けると檜の良い香りがしますよ、どうぞ店頭でサイズ感をお確かめください。

また、こんなにもカラフルなのに落ち着いた雰囲気のお弁当小物もあります。
敷物としても使えるお弁当包み、袋状で簡単にお弁当箱が包めるあづま袋、
上品な箸袋と箸のセットです。


お弁当包み¥1,000+tax  あづま袋¥1,200+tax 箸・箸袋セット¥2,000+tax

可愛らしい柄と色ですが、どのタイプもお子様から大人までお使いただけるのでは
ないでしょうか。ご家族で交代に使ってみるのも楽しいですね。
お弁当作り、大変ですよね。。。毎日のお弁当作りの気分転換にもおすすめですよ ♪
店頭で迷いながら選ぶのも楽しいですね。

どうぞごゆっくりご覧ください。ご来店をお待ちしております。