ハーマンミラー 価格改定のお知らせ

 

 

0721.jpg
先日から予告しておりましたとおり、ハーマンミラーの商品が8月より値上げとなります。
上に紹介した以外にもアーロンチェアやソファコンパクトなども対象となりますので、
気になっていた方は、この機会に是非ご検討ください。

※その他の価格改定の対象商品について 、詳しくはお問合せください。

Bedtime Book

公私ともに本や雑誌を見る機会が多く、時間が空けば
本屋さんにいたりします。大抵、一店舗で済むことはなく
3件くらいははしごします。

一般的な大型書店は、微妙に違えど基本的に同じものが
置いてあるはずなのですが、その店での打ち出し方、
力を入れているジャンルが違うので、単純に面白く、
また売れている本からもトレンドの流れが伺えて、
同じ物販という視点から非常に勉強になります。
因みに私が好きな書店は紀伊國屋さん旭日屋書店さん 

目当ての本を買うということだけで考えれば断然アマゾンが便利
ですが、あの書店独自の空気感や
未知な分野の本を斜めに見ていると新たな発見が
あったりするので・・ やはり本屋さんが大好きです。

本屋さんに行く時間を捻出するのと同じくらい、読書の時間を
確保するのが小さな課題でもあります。

就寝前の時間も当然その時間に割り当てられています。
ですが、最近はあまり頭の使うものは読まないようにしています・・

003.jpg
倉俣さん、すばらしい!
インテリアデザインも含め、突き抜けています・・・

0022.jpg
wallpaperからこんなガイド出ています。
海外から見た東京名所。なるほど・・ MoMADesignStoreにて

005.jpg
好きな建築も含まれているのはもちろん、
まだ見ぬものが・・・ 行きたい!

004.jpg
札幌にも探すと結構面白い建物ありますね。
これから少しずつ探索しに行ってみます。

0011.jpg
そんな建築関連の本を見ていると、こちらを本棚より引っ張り
出してきました。 

中でもイームズハウスが有名ですが、第二次大戦後の好景気に
アメリカは実験的な住宅を、リチャードノイトラ・エーロサーリネン
ピエール・コーニッグなど著名な建築家を起用し、効率的設計・
施工を模索する試みとして行われたものですが、
「実験」というくらいなので、やはり色々問題があり、フェイドアウト
していったのですが、現在も多くの建物はLAに残されています。

写真集が出版されるなど
当時も含め今なお多くのファンがいます。

いつか、こんな家に住みたいと想像が膨らみやはり寝不足に・・・

私の悪い癖は、1冊の本で終わらなく、気づけばベットサイドに
本の山が出来ていたりします・・・  

価格改定近づいています・・・

ここでも原油高の影響がでており、ハーマンミラー社製品が
8月4日より価格変更になります。ご検討中の方は
是非とも駆け込んでください!
人気のシェルチェアは現在↓豊富に在庫ございます。

0021.jpg

いつか買おうと思っていた憧れのハーマンミラー社製品を
この夏のボーナスでいかがでしょうか?

5531.jpg
今日のおまけ。

憧れといえば、こちら雪印パーラーのウィンドーにある
巨大パフェです。 いつも通るたび釘付けです・・・

ネーミングも惹かれますね(笑)

最近暑くなってきたからかも知れませんが、
一度は挑戦したいと心から思う今日この頃です。

円山 裏参道祭り

昨日は円山の裏参道のお祭りでした。

 

円山の落ち着いた雰囲気が、この日ばかりは、
見るからに愉しげな様子にかわります。
yukata.gif


urasanndou.gifyousu.gif

      普段の様子はこのような通りが・・・・・・・・お祭りの時はこんなに賑わいます。

普段は抜け道の裏参道、隠れた名店が多いのも魅力ですが、
それらの美味しいお店がこぞって屋台を出してるんです。

 

天気が良く、オープンエアな空間には屋台やカフェテラスなどがずらりとオープン!!air.gifairopen.gif
飲み物はビールはもちろんワインやシャンパンまでありました。

band.gif
有志バンドも盛り上がってました。

神社や商店街のお祭りとは、また一味違う空気感があり、
普段はお店でかしこまっている店主たちの人となりも垣間見えて、
地元内外にファンの多いお祭りです。

 

さてこれから暑い陽気が続きますが、そんな時には透明感の
あるものを置いて涼しさを演出するのもひとつです。

 

torigon.gif
氷の音もカランと涼しげなTrigon(トリゴン)

akuriru.gif
デスクなどのアイコンにアクリルのオブジェは如何でしょうか?
光が透過し、陰影も幻想的です。

Sapporo – car rental .

SALE・SALE・SALE

001.jpg002.jpg

展示入替のため、小物・家具などお得な価格になっております。
あんなものからこんなものまで・・・

皆様お誘い合わせの上、ご来店お待ちしております!!
※1点ものが多いのでお早めに。

究極の贅沢

601.jpg   

休日に大通り公園を久しぶりに散歩しました。
本当に気持ちの良い午後でした。
576.jpg

言わずと知れたイサム・ノグチ氏の作品
「ブラックスライドマントラ」です。
平日でも天気が良い日は決まってちびっ子たちで
賑わっています。 

実はこの彫刻(滑り台)の設置場所について当時
ノグチ氏と札幌市との間で長い時間協議されたというエピソード
があるんです。

訪れた事のある方はお分かりだと思いますが、この
大通り公園は東西に伸びる札幌中心部の大きな
公園で、南北に交差する道路で分断されています。

作品を作る前にノグチ氏がこの公園を訪れた時、
「良い公園だが信号で遮断されるのがもったいない」
と話していたそうです。
その事実を知ったからなのか、
何故か氏はどうしてもこの場所(8丁目と9丁目の間)に
設置したいといって信念を曲げなかったそうです。
そしてなんと最終的には札幌市が折れて
道路を塞いでしまったのです!

604.jpg

 ↑こんな感じです。

そんな話しを思い出しながら私はしばし子供たちの
無邪気に遊ぶ風景を眺めていました。

589.jpg

 それだけのこだわりをもって仕事をするのはかなりのパワーが
いると思います。

どういう気持ちでノグチ氏がこの作品をこの場所に設置したかは
分かりませんが、自分の考えや思いは、信念或いは情熱をもって
伝えれば「山おも動かす」結果になるのだと、
改めてこの作品に教えられました。

そんな、貴重な作品を見るだけではなく触れて遊べるなんて
本当に贅沢な事だと思いますし、もっとこのような公共物が
増えると良いでね・・

591.jpg

n-crafts展 鈴木 稔(益子焼)

本日は、晴れ渡る空でしたね。

 

sora.jpg

「n-crafts展」
続いて紹介するのは、こちら。
益子焼 鈴木 稔 の作品

 

栃木県は益子町から産出する陶土と、伝統釉が織り成す製品は、
手に持った時に特有の手触り、独特の質感を感じさせてくれます。
rokkaku.jpg
糠青磁が優しい味わいの7角タンブラー

隣は柿糖釉を使った10角タンブラー
タンブラーとしては、この形は大変珍しい ですね。
syuu.jpg
糠青磁(グリーン)と糠白釉(ホワイト)のやさしいコントラストが面白い豆皿

 

鉱山資源が豊かな益子の釉薬は高温で
化学変化をする鉄、銅、マンガン、クロームなど
の金属類が含まれており、焼き上がりにより
様々な表情が出てきます。
mesiwan.jpg
素朴でどこか懐かしい飯碗
kohi.JPG
ぽってりとしたシンプルなボウル
思わず手に持ってみたくなる曲線がなんともいえません。

伝統的な形にこだわることなく、益子焼ならではの風合いと
現代のライフスタイルを意識したデザインとの融合を目指す
鈴木氏の作品は、幅広いバリエーションで見るものを愉しませてくれます。

 

札幌店では、7/21までの展示となりますので、
是非この機会にご覧下さい。

n-crafts展 ハラダ マホ(練り上げ)&釜定 宮 伸穂(南部鉄器)

いよいよ始まりましたn-crafts展。
おかげさまで大盛況です。

 

 

maho.jpgmaho1.jpg
おそらく北海道初上陸  ハラダ マホ さんの作品です。
ハラダさんならではの優しい配色は食卓を和ませます。
練り上げという技法は金太郎飴のように、外側と内側が
同じ柄になるのが特徴です。

 

続いては「釜定 」 宮 伸穂さんの作品
非常に重厚感がありながら、凛とした佇まいの南部鉄器です。
雪の結晶をモチーフにした鍋敷きは、雪の多い北海道のイメージにも重なりますね。
nabesiki.jpgnanbu.jpg
こちらは灰皿です。
焦げて色が変わらないのもポイントです。

他の商品は、また後日紹介していきますので、お楽しみに。

n-crafts展 始まりました!

6/26(木)準備・・・

593.jpg

ダンボールと格闘です。

594.jpg

「・・・」 

5962.jpg

スタッフの皆様、お疲れさまでした!
昨日はしかも暑い日で、タオルを首に巻きたい感じでした・・

6/27(金)初日

5974.jpg598.jpg599.jpg600.jpg

準備中、フライングして来店されたお客様もいらっしゃり
申し訳ない気持ちと嬉しい気持ちと複雑でした。

もう綺麗な店内になっておりますので
また是非リベンジしてください!
6/27(金)~7/21(月)となっております。

出世の石段

METROCS東京近くの名所といえば、
東京タワーと愛宕神社だと思っております。 

5961.jpg

 この愛宕神社は1603年(慶長8年)江戸の防火の神様として祀られた歴史ある神社で、
特徴はなんといっても正面にあるこの尋常ではない急な石段です。
実はこの石段を登ると出世するという言い伝えがあるんです。
(詳しくはHPでどうぞ)私は2度目の挑戦になりますが、
この日、AM8:00(ちょっと眠い・・)既に多くのビジネスマンと見られる方々が
一生懸命上っていました・・

私も東京に来るといつも上る機会を見計らっており
(早起きが出来・天気が良く・体調も良い)この3拍子が揃うと
ここに来ようと決めています。

そして今日がそのタイミングとなった訳です。

5972.jpg

真下に来るとその迫力が伺えます・・

前回もそうですが、半分ぐらいまでは結構大丈夫なのですが、
3/2くらいまでいくと太ももがびりびりし、最後の10段くらいは
心臓がばくばくで正直何も考えられない状態です・・・

出世するのはそれ程甘くないのです。

志高き勇気ある方は是非、挑戦してみてください!
私も3度目トライを企みます(笑)

613.jpg

上からの景色です。相当怖いですが、上りきった時の達成感は
また格別です!(暑い日は避けたほうが良いかも)

612.jpg

616.jpg

こんな池も。

617.jpg

隣には森ビルのマンションがそびえている不思議な風景です。