Biodegradable テーブルウエア新入荷!!

こんにちは。

雨や気温の低さであまり夏らしさは感じませんが、すでに7月。もう少し夏らしい日がやってきてほしい!と切に願うスタッフスガワラです。夏になると楽しみなのが屋外でのBBQやキャンプ。先日の今年1回目の神宮マーケットでも人気だった、これからの季節にも大活躍するアウトドアグッズのご紹介です!

biodegradable

〈EcoSouLife〉から〈Biodegradable〉シリーズが新入荷してきました!私も入荷を心待ちにしていたのですが、実物も期待以上!!とてもカラフルで優しい手触り。

biodegradable-charcoal.bowl

この大きさのボウル、深さもあるのでスープやサラダにもいいのですが、私的にはジンギスカンをした時にタレを入れるのにちょうどいいのです(かなり道産子目線)。

biodegradable-bowlup

竹の繊維とコーンスターチを主成分としてつくられた〈Biodegradable〉 アウトドアにはもちろん、家で使用するにも繰り返しつかえる耐久性を備えています。

biodegradable.4coler

今回お店に入荷してきたカラーはこちらの4色と上のボウルのcharcoalの5色。どの色も発色がよくいい色、迷ってしまいます。。。

biodegradable-kabe

スプーン・フォーク・ナイフの3点セットとキャンパーセット。このキャンパーセットメッシュの袋もついて内容的にもかなりお得なセットになってます。これからお皿など買い揃えようと思っていた方、超おすすめです!

setumeisyo

100%自然由来なので、衛生面でも安全、安心です。環境への配慮も大切にしています。竹は木材よりも成長が早いため、森林資源への負荷を減らすことができます。しかも土に埋めても「土に還る」という環境にもやさしいアイテム。アウトドア好きのお友達にプレゼントしたらかなりよろこばれそう!そしてアウトドアのみならず、普段はお家で使ってもテーブルがにぎやかになって楽しめそう!これからの季節にもピッタリな〈Biodegradable〉シリーズいかがですか!

FLOS MAYDAY 

こんにちは。
今週の土曜日は息子の運動会。なにやら一生懸命練習しているようなので、とても楽しみ。去年の今頃は泣いてばかりいたので、張り切って練習をしている様子に成長を感じられます。自分なりに楽しんで、頑張ってほしいな。。。

さて今回は、以前からお客様からのお問い合わせも多かった照明『MAYDAY』のご紹介です!

FLOS吊り下げ1

世界でも有数の照明ブランド、イタリアのFLOS社「MAYDAY(メイデイ)」この名前には「航空機、船舶の救難信号」という意味があるそうで、4.8メートルもの長いコードなので、持ちながらの移動も可能です。

FLOS消えてる2.ok

この『MAYDAY』本当に軽くて最初持った時にびっくり!するくらいの軽さ。カバーなど周りが熱くならないので、子どもが間違えて触っても安心です。照明器具って意外と子供が火傷をしてしまう電気製品だと思うので、お子さんがいる家庭には特におすすめしたい照明です。

 

FLOS棚置き.ok

MAY DAY 14,000円(税抜)

天井から下げても、フックにかけても、床に置いても使える自由なデザイン。コードが長いため日中は天井からぶら下げて、眠る時にはベッドサイドに移動してなど、多岐にわたり使えます。周りで使っている友人も多いのですが、本当に使いやすいと評判の高い商品です。是非お店で実際にご覧になりにいらしてください!みなさまのお越しお待ちしております!

柚木 沙弥郎さんのうちわ 入荷しました。。。

こんにちは。

暑い!真夏のような暑さ!私はうれしいですが、スーツでお仕事の方や外でお仕事の方はちょっとつらいですね、お疲れ様です。。。今週の日曜日は“父の日” 昔よりも忘れられる存在じゃなくなったような気がするのは、私だけじゃないと思います。そんな父の日の贈り物にしても喜ばれるこちらのご紹介です!

うちわ手前2個

柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんのうちわ 各¥3,000(+TAX)

現役で活躍する型染めの第一人者:柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんの図案を用いたうちわです。中でもこのうちわは、柚木さんの師匠でもある芹沢銈介氏の指導のもと、糸を木綿の白い糸に、外に見えていた結び目を扇の内側に隠すことでより美しい形になりました。扇いだときの扇面には弾力があり、やわらかく風を運んでくれます。

うちわ相撲

今回入荷してきた中の新作に「相撲・四つ」 ノコッタノコッタ! お相撲さん、カワイイ。。。からし色もいい感じです。

うちわ細工部分new

日本三大うちわの一つに数えられる「房州うちわ」の産地、千葉県館山市で国産の良質の女竹(めだけ)を使って、一つ一つ丁寧に手作りされています。この細工部分の仕事の細かい事…1本1本手で割いてこのような形状に、頭が下がります。

うちわ相撲、なす

今回新作で入荷してきた相撲シリーズ・右「相撲・仕切り」こちらのタイプもいいアングルですね。はっけよい!という感じ、なんだかニクくてニヤニヤしちゃいます。左は「なす」柄、こちらの色もデザインも涼しげで素敵。いつも家でプラスティックのうちわをお使いの方にぜひ試して頂きたいのですが、このうちわ本当に柔らかい風なんです!もし父の日の贈り物にされた方は、ぜひ疲れて帰ってきたお父さんを、このうちわで扇いであげてほしいです。お父さん、疲れも吹っ飛びます!うちわ以外にも父の日の贈り物に最適なアイテムをたくさん取り揃えておりますので、みなさまのお越しお待ちしております。そしてぜひうちわの柔らかい風を体感しにいらしてください!

組子 コースター入荷してます。。。

こんにちは。

気持ちのよい青空。夏が少しずつ、でも確実に近づいてきていますね!昨日まで北海道神宮祭でしたが、何年かぶりに中島公園のお祭りへ行って見世物小屋に生まれて初めて入りました。初めて見る見世物小屋の世界は、シュールさ満開でとても楽しかったです。。。笑。4歳の息子がびっくりして泣くんじゃないかと思っていたら、心配をよそにかなり楽しそうに爆笑していました。

さてしばらく欠品中でしたが、イベントでも人気だった『組子 コースター』のご紹介です!

組子1

この『組子 コースター』を製作している猪俣美術建具店は、新潟県上越市で日本建築独自の装飾技術である「組子」を用いた建具を製作している工房です。

組子グラス

冬に見た時は雪の結晶みたいで冬にぴったり!と思っていましたが、あら不思議。。。暖かい季節になると、アイスコーヒーや冷たい緑茶にも合いそう!

組子4個

今回入荷してきた4種類。

左上・麻ノ葉 右上・胡麻殻亀甲 左下・重ねりんどうくずし 左下・桔梗麻ノ葉

アップ2

コースターとしてはもちろん、糸などでお部屋にさげるとオーナメントのようになって素敵です。もちろん贈り物としてもよろこばれます。。。お店には組子の鍋敷きもございますので、ぜひご覧になりにいらしてください。みなさまのお越しお待ちしております!

BALMUDA 『GreenFan Japan』

こんにちは。

ぐずついたお天気が続いて、洗濯物が生乾きしそうなこの頃。。。ストーブはもうつけないぞ!と心に決めている方、多いのではないでしょうか…そんな方にもおすすめの、6月9日放送の『マツコの知らない世界』という番組でも取り上げられたこちらのご紹介です!

greenfun-全体

バルミューダ 『GreenFan Japan』 ¥35,000(+TAX)

独自の技術で自然界の風を再現する扇風機。日本で開発され、日本で生産されているGreenfan Japan。先日の放送を観られた方は機能やデザインなど番組で取り上げられておりましたが、昨今の扇風機の先駆者的存在なのです。(扇風機の説明をしていた方が、最近出ているこの手のデザインの扇風機の1番初めがGreenfanだとおっしゃっていました。。。)

greenfun-up右

大きく広がってゆっくりと移動する空気の流れは、まるで夏の午後の少し涼しくなった時のような自然の風をお部屋に運んでくれます。

greenfun-upgreenfun-風

最小運転時わずか1.5Wの省エネルギー性能、羽根の音がほとんど聞こえない静音性能など、現代の扇風機としての先進性も備えています。専用のバッテリーと組み合わせれば、最大20時間運転可能なコードレス扇風機として使うこともできます。

greenfun-ボタン左greenfun-ボタン

操作ボタンもこのように立ったまま操作できる位置にあり便利です。

greenfun低前greenfun低横

ポールを外すとこのように低くお使いいただけるので、ベッドではなくお布団を敷いて寝ている方や、サーキュレーターとしてもお使いいただけます。

greenfunリモコン

リモコンもコンパクトでデザインもいい!扇風機ってなんだか邪魔な存在で、場所もとるしデザインもいまいち。。。と思っている方、少なくないと思います。かく言う私もそうでした。でもこの扇風機に出会ったとき、見た目といい、自然な風の感じといい、電気代の安さといい、文句のつけどころがなかったのです!我が家では夏はもちろん、今の季節の生乾きを解消してくれるのに役立ち、冬はサーキュレーターとして暖房を室内に循環してもらってます。扇風機といえど、季節を問わず使える事と目についても嫌じゃないむしろカッコいいデザインがGreenFan Japanの最大の長所だと思います。

低座椅子 納品事例。。。

こんにちは。
                                                           

先日のフィルターインコーヒーボトルのブログの反響がとても多く、たくさんの方々に見ていただきありがとうございます!そしてブログを見てお買い物に来ていただき、ほんとうにうれしく思っています!小さなことからコツコツと…西川きよし師匠ではないですが笑、精進してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。。。

さて今回お客様からご注文いただいてました『低座椅子』が入荷されてきたので撮影させていただきました。。。

低座椅子2

和室での生活でも、テレビを見る時はゆったりと座りたい。そんな要望を叶え、初めて「低座椅子」という名称がつけられた長大作氏デザインのロングセラー。わが社のボス、鳴海社長も昔お会いして一緒にモエレ沼へ行ったことががあるそうです、羨ましい。。。とても素敵な方だったそうです。

低座椅子バック

座面までの高さは29cm。足を投げ出してゆったりと座れることができる低めの椅子。50年も前にデザインされた「低座椅子」の発想は実は今の日本人のライフスタイルと住宅事情にも一番適しているリビングチェア。無理なく立ち上がれるため、ご年輩の方にも優しい設計となっています。

低座椅子後

後姿も凛としていてカッコいい…見惚れてしまいます

1947年に坂倉準三建築事務所に入所した長大作さんは家具等の設計を担当し、1958年先代の松本幸四郎邸の設計の際にこの「低座椅子」をデザインしました。

低座椅子

90歳近くでも現役のデザイナーとして活動を続けていた長大作さんは「幾重にも引いた線から一番良い線を選び出すそうです。背もたれの形状は柿を縦に切ったとき、その切り口の美しさに心を打たれてデザインしたもの」と。時間をかけて丁寧にデザインされた作品だからこそ、ずっと愛され続けるのでしょう。
我が家でも長大作さんがデザインしたパーシモンチェアを使用していますが、デザインはもちろん、とても座りやすく長く座っていても疲れなく、子どもも大人もかなり気に入っております。お店ではパーシモンチェアが展示されていますので、ぜひ実際にご覧になりにいらしてください。みなさまのお越しお待ちしております!

アーロンチェア・ポスチャーフィット・フル装備 アルミ(クラシック)

こんにちは。

初夏を通り越して真夏のような週末でしたね!運動会も無事終わり、ホッとしている方も多いのではないでしょうか。。。いよいよ6月に突入、早いもので今年も半分が過ぎました。2015年後半、もっともっとブログアップできるよう気合を入れて行きたいと思ってますので、皆様どうぞよろしくお願い致します!

さてメトロクス札幌では、アーロンチェア・ポスチャーフィット・フル装備 アルミ(クラシック)が入荷、展示されています。

アーロンチェア全体

背と座に使用するペリクルという素材は、ハーマンミラー社が独自に開発し特許を取得しています。それは画期的なデザインを可能にしただけでなく、脊椎にかかる負担を軽減しながら、全身をリラックスする効果があります。また、座る人の体型やシーンに合わせ、きわめて細かく調節できるのが特徴です。

レザー肘かけ

肘かけの部分がレザーになっているのも重厚感があっていいですね。

右肘
足元

フレーム部分やキャスターがアルミになっていてカッコいい!

全世界で200万人以上の人々に愛用され続けるアーロンチェアは94年の発売以来、MoMAパーマネントコレクションやグッドデザイン金賞受賞するなど、高機能ワークチェアの象徴的存在として、高い評価を得ています。

お店の方で展示、試座できますのでぜひ実際にご覧ください!みなさまのお越しお待ちしております。

カール・メルテンス社のカップボウル!!

こんにちは。

夏みたいな今日、朝から暑くて気持ちの良いお天気!ひとりテンションが上がっているスタッフ・スガワラです。明日が運動会の方も多いので、このお天気続くといいですね!

今回ご紹介するのはドイツを代表する老舗メーカー カール・メルテンス社のカップボウル、かなりクールなボウルです!

動くボウル

動いている状態。

ボウル静止.NEW

静止している状態。

何も入れていない空の状態では傾き、ドリンクを注ぐと満たせば満たす程垂直に立ち上がるユニークな構造。保温効果の高い二重構造で、冷たい飲み物や暖かい飲み物にも最適です。数々のデザイン賞を受賞し、MoMAパーマネントコレクションにも選定されています。

ボウルM&S.1

今回入荷した右・Sサイズ 5,000円(税抜)と左・Mサイズ6,500円(税抜)。
美しいデザインと遊び心を兼ね備えたカール・メルテンス社の製品は、高品質な18-10ステンレスを使用し、職人の巧みな技術により作られており、高い機能性とその独創性が魅力です。パッと見た印象は男性の贈り物にいいな!と思う重厚感。ゆらゆら揺れるので見ていても楽しくなります。

CARLMERTENS.box

お箱入りなので贈り物としても最適です。来月の父の日の贈り物に喜ばれそう。。。ありそうでない、ちょっと変わったプレゼントをお捜しの方ぜひご覧になりにいらしてください、お待ちしております!

美味しいコーヒーを淹れる(グッズ編)!!

こんにちは。

気がつけば5月も残りわずか…毎回月末になると思いますが、本当に月日が流れるのは早いです。ぼーっとして気づいたらおばあさんになっていた…なんて昔話のような意外と本当のお話なのかも、と。。。日々大切に楽しく生きたいな、と思う今日この頃です。さて先日行われた「美味しいコーヒー作りのワークショップ(アイス編)」でコーヒーの淹れ方をミカズキコーヒーさんに教わりましたが、今回は美味しいコーヒーを淹れるグッズのご紹介です!

1maime

HARIO フィルターインコーヒーボトル ¥2,500(+TAX)

お店でも大人気のフィルターインボトルからコーヒー用ボトルが新登場!!ベージュと茶の2色、色もかわいい。。。コーヒーボトルの方の中はどうなっているのでしょうか、分解してみましょう。。。

バラバラ②

まずフタを外すとこのように、フィルターインボトルより長い筒型!

バラバラ③

そして上蓋の部分とフィルター部分も外して

バラバラ④

フィルターのフタ部分も外すと、このように4つに分かれます。こういうボトル欲しいけれど汚れが気になる…と言う方も、このように分かれるのですみずみまで洗う事ができ安心です!

フィルターup

この中に挽いたコーヒー豆を入れて水出しします

中蓋

取り外しも簡単ですし、お手入れしやすい作りになっているのもうれしいですね!

先日のワークショップで帰りにこのコーヒーボトルを買われたお客様は「またこれで日々の生活が豊かになる」と深いい言葉を残して帰られました。ただぼーっと暮らすより、ちょっとした事やモノ、工夫で生活が豊かになる…今回のワークショップでもいろいろ勉強になりました。これからの季節にぴったりなコーヒーボトル、ぜひ実物をご覧になりにいらしてください!みなさまのお越しお待ちしております!

美味しく淹れるコーヒー(アイス編)ワークショップのお話

こんにちは。

初夏らしい気持ちの良いお天気、今週末が運動会という小学校が多いようですが、晴れ間が続きそうで一安心ですね。昨日と今日2日間にわたってミカズキコーヒーさんを迎えてのワークショップ『美味しいコーヒーの淹れ方(アイス編)』美味しく、楽しく無事終了しました!参加してくれたみなさんありがとうございました!今日はその様子をブログでご紹介します。。。

あいさつ

普段お家では淹れているけど、習うのは初めてという方ばかりでした。

フィルター2

小樽で不定期に営業している知る人ぞ知る『ミカズキコーヒー』店主の荒谷紀彦さん、今回の先生です。今回お話を聞いて驚く事の連続でしたが、ペーパーフィルターで淹れる時はフィルターを2重にするという事に私はとても驚きました!

注ぐ1

まずは先生のお手本です。

注ぐ使う

先生はこのようにドリッパーを持って淹れており、みなさんからも「すごい!」と歓声の声が!笑

紀君淹れてる所.up

新鮮なお豆はこんな風にふっくらと膨らみます。もうすでに自分が淹れているのと様子が違います。。。

できたところ

コーヒーの香りがお店中に広がり、一瞬まるで喫茶店になったよう。。。

お客様淹れてる所

先生のお手本が終わったら、ひとりひとりみなさん淹れてみました。先生のようにドリッパーを手に持って。。。なかなか先生のようにはいかない~!と言ってましたが、みなさんとても上手に美味しく淹れてましたよ。

終わって

みなさんそれぞれの分を淹れ終わり、それぞれ淹れたコーヒーの味の感想や質問など、ドロッピエさんの焼菓子を食べながら仲良くおしゃべり。みなさんいつも淹れていたのはコーヒーじゃなかった…笑と、話したり本当に楽しそうでした。さっそく家で実践してみる!とみなさん張り切っていました。平日の午前中にもかかわらず、たくさんのご参加ありがとうございました!またお店のほうでもいろいろ扱っている商品を使ってワークショップなどしていきたいと思っていますので、ぜひご参加ください!