ハラダマホ うつわ展 トークショー前編

こんにちは。

毎日コロコロ変わりやすく変なお天気で傘や合羽など持っていないと不安なお天気。さすが秋の空と言った感じですが、今日も飛行機が飛んでくれるかちょっとドキドキしていましたが、そんな不安はよそに秋晴れになってくれて、無事お店に到着してくれました!そうです、本日熊本からはるばるいらしてくれたハラダマホさんのトークショーが。ハラダマホさんファンのみなさんもお店にいらしてくれました!

haradasan1
haradasan&syatyou

作品同様やわらかな雰囲気のハラダさん。鳴海社長の進行と共にスライドを使って、どうやったらあの素敵なハラダマホさんの作品ができあがるのかを紐解きながらのトークショー、私もワクワクします。

danndannhatake
yama

熊本県山都町という自然豊かな名前の通り、山の中で生まれ育ったハラダマホさん。北海道も結構な自然の中ですが、こちらはこちらでまた違った大自然!!山と緑しかない。。。という何もない事が作風にも影響しているようです。本人曰く自分の作品は「くどい」らしいです、笑。

haradasannoiemae

ハラダさんの家前。彼岸花が見事!なのと、北海道ではなかなか見られない瓦屋根が印象的ですね。

sanpo2.tate

お家の周りにはなぁ~んにもないのでよくお散歩をするそうです。写真はハラダさん本人です、可愛らしいです。。

isiguromunemaro

ハラダさんが影響を受けた、と言うのには恐れ多いと仰ってましたが、初の人間国宝に認定されたと言われる明治時代の作家、石黒 宗麿。明治時代にこんな洒落た犬を飼っているなんて!と、トークショーでも話題になっていましたが。かなり洒落た方のようです。

isigurosakuhin

石黒 宗麿作品。作品もかなりとっぽい!!明治時代とは思えないですよね。やはりハラダさんの作品に通じるものがある気がします。このような環境や人物によってあのハラダマホワールドができあがっているのだなぁ~とお話を聞きながら感じました。

haradasanjimaecup&omoti

そして今回のトークショーのために自前のカップと手作りの朝鮮飴というお餅、自家栽培しているお茶を持参して来てくださいました。お話が終わってからみなさんで頂いたのですが、続きは後編でお知らせします!まだまだお話はつづきます、お楽しみに~!そしてハラダマホさんは明日もお店に在店してくれますので、みなさまぜひハラダさんと作品に会いにお越しください!お待ちしてます♪

ハラダマホ 練り上げのうつわ展

ハラダマホ 練り上げのうつわ展

こんばんは。先週から開催している「ハラダマホ 練り上げのうつわ展」。メトロクス札幌では初のハラダマホさんの展示とあってご好評頂いています!ほとんどが1~2点の在庫という事もあって、すでに無くなってしまったうつわもありますが、今日はネーミングがユニークな器をご紹介します。ユニークなネーミングについては先週行ったギャラリートークのなかでもお話にあがりました。
ギャラリートークの模様はこちらのブログでご覧いただけます)

では早速器をご紹介していきます。

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
マグカップ・熱帯雨林 ¥8,100(税込)

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
マグカップ・バロン ¥8,640(税込)

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
筒マグ・チャック ¥7,560(税込)

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
左:カップ・サザナミ ¥5,400(税込)、右:カップ(大)・サザナミ ¥6,480(税込)

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
四方皿・ゴエモン ¥8,640(税込)

ハラダマホ 練り上げのうつわ展
丸取皿・アルマジロ ¥3,888(税込)

まだまだ多くの作品をご覧いただけますので、是非店頭でお手に取ってご覧ください。
展示の最終日は10/18(日)です(18日は18時までの営業となります)。

展示会とは無関係ですが、今週お仕事で滝川に出かけてきました。
その際に富良野、美瑛まで足をのばしてきました。生憎の雨でしたが「青い池」も見てきました。雨にもかかわらず多くの観光客の方が訪れていました。次は晴れた日に行ってみたいものです。

青い池

いよいよ明日が最終日です!

__

今日の札幌は21度まで上がり爽やかな秋晴れでしたね。
紅葉も大分進んでおり、毎日色づいた木々を見るのが楽しいです。

さて、早いもので今月2日より始まりましたハラダマホ 練り上げのうつわ展ですが、明日が
最終日となりました。連日多くのお客様にご来店頂き有難い事に
どんどん作品が無くなっています・・・

まだご覧になられていない方は是非明日ご来店ください!

皆さまのご来店心よりお待ち申し上げます。