和ろうそく新入荷しました!

こんにちは。

この間まであけましておめでとう!とか今年もよろしくね!って言っていたのに気づけばもう2月。。。早すぎて軽く眩暈がしそうです。お正月が過ぎるとコンビニやデパートではもう節分のディスプレイに早変わり。季節の先取りもいいですが、もう少し四季のうつろいを楽しみたいですね。

さて今回ご紹介するのは、以前からお取り扱いしている『なの花ろうそく』の新しい仲間が新入荷しました!

rousoku-zentai
手前左/ 和ろうそく¥1,050 手前中/ 米のめぐみろうそく1号8本入り¥525 手前右/ 米のめぐみろうそく1号20本入り¥1,050

『米のめぐみろうそく』はお米を精製したときにできる、米ぬかを主原料として使っています。米ぬかは古くからお肌のお手入れや、住まいを美しく保つために使われてきました。お米は白米として食べ、精製したときにできる米ぬかを再利用してできたろうそくです。

rousoku-komenukadai
米のめぐみろうそく1号20本入り ¥1,050

米ぬかが主原料なので、あたたかみのあるオレンジ色の炎が特徴です。燃焼時間は約30分、ろうそくの長さは約7㎝です。

rousoku-warousoku2
和ろうそく 赤白各2本入り 燭台付き ¥1,050

恥ずかしながら私、お店で扱っているのに『和ろうそくと洋ろうそく』の違いをきちんと知りませんでした、すみません…なんとなく下が細くて、上の方が広がっているのが和ろうそくなんだなぁ…程度の理解でした、、が今回入荷してと調べてみると、材料に大きな違いがありました。
和ろうそくは芯、和紙と灯芯 蝋 植物油。
洋ろうそくは芯、糸芯    蝋 鉱物油。
みなさんご存知でしたか?和ろうそくはすべて植物性なので環境にも優しく人にも動物にも優しいろうそくなんです。ほかにも和ろうそくの基本の形などあるようですが、またの機会にお伝えします!

rousoku-nejiriume
あかり 小箱セット ¥2,100

ここ最近、昨年末に比べると日が長くなってきていますが、北海道はまだまだこれからが冬本番。夕ご飯をすませたあと、ゆっくりお風呂に入った後、テレビやお部屋の照明を消してろうそくの明かりでゆっくりお酒を飲むとリラックスできそう。寒い日が続いてますが、みなさまのお越し心よりお待ちしております。

メトロクス札幌(当店)までの行き方!!

こんにちは。

今では世界中から観光客の方がいらしてる『さっぽろ雪祭り』が今年も6日から始まっています。わたしも昨日、一昨日と友人が出店しているお店にマッコリを飲みに行きましたが、遅い時間にもかかわらず結構人がでていました。外は寒いですがお店の中はストーブがガンガンついているので汗ばむくらいの暑さ!色々な食べ物屋さんも出店しているので、雪像を見ながらお酒やお食事を楽しむのもこの時期ならではの醍醐味かもしれません!

さて今回ご紹介するのは商品ではなく、お店『METROCS SAPPORO』までの道案内。知っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は18年前1996年にいまのお店の前身『メトロポリタンギャラリー』という名前でオープンいたしまして、2002年8月から今の『メトロクス』に名前が変わりました。この場所でお店をオープンしてから意外と時間は経っていますがなかなか場所がわかりづらく、近くまで来たけど諦めて帰ってしまうお客様が結構多いと聞きまして、今回は円山公園駅からお店までの行き方を写真付きでご案内します!

まず地下鉄東西線、円山公園駅で下車します

michijyun-tikatetsudeguchi
5番出口から地上に上がります

michijyun-2maime
上がってすぐ右に曲がります(西向き)、宮の森シャンツェが遠~くに見えます。タクシーが止まっている道路は大通り、夏なら大通公園からまっすぐ西に向かうとこの道に出るので、お散歩がてら歩いてくるのも気持ちがいいですよ!

michijyun-ohanayasan
しばらく(20歩くらいかな?)歩くと右手にお花屋さんが角にありそこを右に曲がります(5番出口から出て1本目の曲がり角)

michijyun-magattatokoro
右に曲がるともうお店が入っているビルが左手に見えます。そのまま道なりに。。。

michijyun-biru
左手の茶色いビル、近くに来るとこんな感じです。3階建てのちょっと変わった建物です

misemae-1
じゃ~ん!駅から歩いて1分ほど、お店の前です!お店前に階段が5段ほどあるので、それで通り過ぎてしまう方が多いみたいです。特にお車で来られる方は路面店のイメージの目線で探しているのでこの階段で見過ごしてしまうようです。すみません。。。

michijyun-tennai
店内、今はスワンチェアが目の前にどーん!イベントなどではアクセサリーや食器がメインですが、ソファやテーブル、ワークチェアなどの家具を中心に取り扱っています。駅からは徒歩1,2分なんですがちょっと中通に入りますので、この道案内を見ても迷った時はすぐにお電話ください!なお駐車場もございますので、スタッフにお気軽にお尋ねください。今回は真冬の雪の道案内でしたが、雪が溶けて桜の綺麗な時期にまたご案内させていただきます!結構景色が変わりますので、お楽しみに!みなさまのお越し、心よりお待ちしております。

■メトロクス札幌
〒064-0820
北海道札幌市中央区大通西26丁目1-18 円山アーク1F
電話番号 /
011-615-8777
営業時間 /
12:00~20:00(日曜は18:00まで)
定休日 /
木曜

ブルーノ マットソン マルガリータ ソファ展示中!!

こんにちは

冬季ソチオリンピック始まっていますが、寝不足になっている方も多いみたいですね。いつもはあまりオリンピック見ないのですが、昨日の羽生選手凄かったですね!彼の滑りに目が釘付けになり圧倒されてしまいました。先日のスノーボード・ハーフパイプの平野選手や平岡選手も含め、人間ってあんなに高く飛べたり回れるものなんですね。。。すごいなぁ~

さて今回ご紹介するのは、METROCS札幌でも息の長いこちら!

brunomathsson-syoumen

ブルーノマットソン マルガリータ・ソファ 2人掛けHighタイプ グレイドB ¥199,500
(張地のグレードによって価格は異なります。グレードV ¥186,900~ございます)

当店でも人気の『マルガリータ・ソファ』。今回撮影していて思ったことが、本当に軽くて持ち運びしやすい!女性でも簡単に動かすことができるので、お部屋のお掃除も模様替えもラクにできちゃいます。

brunomathsson-kabar

クッションだけでも交換可能なデザイン。このように左右2か所のボタンで留められているだけなので、クッションを取り外して掃除機をかけることもカンタンにできます!もしクッションがへたってしまっても、クッションだけをお買い求めいただく事ができますので、お使いのイスをお引き取りすることなく届いた新しいクッション
を交換するだけ、というシンプルなシステム。修理中はソファなしとか、送料だけでも結構な出費…なんて心配はないですね。

brunomathsson-konekutar
コネクター 2個1セット ¥4,200 

1枚目写真の2人掛けソファはひとつのかたまりではなく、2つのイスを並べてこちらのコネクターでつなげたもの。はじめは2人掛けでお買い求めいただいても、家族が増えたらあいだにアームレスタイプを追加して…など3,4,5シーターとお部屋の広さやライフスタイルに対応できるのも人気のポイントです。

brunomathsson-dining2

コネクターをはずし、ダイニングテーブルに合わせてみました。座ってみるとHighタイプなので結構ちょうど良い高さ。T-0281のダイニングテーブル、高さ70センチなのですが160センチくらいの私が座ってご飯を食べるのには問題ないと思いました。このように、ダイニング用に1人掛から2人、3人、4人とつなげたりといろいろな組み合わせをお試しいただけます。今ですと、試座できますのでぜひ実際に座り心地を試しにいらしてください!

オリンピックで寝不足の方も、目を覚ましがてら遊びにいらしてください!みなさまのお越し、心よりお待ちしております。