SALE始めます!!

2013sale-02

とうとう8月ですね。
暑い日が続きますが短い夏を満喫しましょう!!

メトロクス札幌では明日8月3日(土)-8月31日(土)までサマーSALE開催します!
ワークチェアやボビーワゴン等の展示品処分はもちろん、
期間中白山陶器製品は在庫品はもちろん、取り寄せ品を含む全品10%OFFとさせて頂きます!
この機会に是非食器のまとめ買いなど如何でしょうか?

展示品はほぼ1点ものですのでお早めにご来店ください!
※SALE除外品あり

皆さまのご来店お待ちしております!!

 

 

SALE品のご紹介

皆さま、こんにちは!
今日も晴れの良い天気でした。
各地でお祭りが催されているみたいです。

そんな中、メトロクス札幌も密かにSALE開催中です!

殆どが1点ものなので皆さまお急ぎください!

boby

ボビーワゴン2段2トレー ホワイト 28,350円→ 22,680円(20%OFF)【SOLD】

boby3

ボビーワゴン3段3トレー トルネードグレー 38,850円→ 31,080円(20%OFF)

クリント

レ・クリント171B 32,550円→ 24,412円(25%OFF)

ポスター

ポスター リナシェンテ(フレーム込) 20,685円→ 18,617円(10%OFF)

ブラニフ

ブラニフシリーズ 全て20%OFF

その他、セール品はウェブショップのアウトレットコーナーにも一部掲載しています。
こちらも併せて是非ご覧ください。

「アウトレット」はこちらから。

 

 

価格改定のお知らせ

本日は価格改定のお知らせです。
メトロクス札幌でも人気の「ボビーワゴン」や「アイアーマン・テーブル」など輸入商品の価格が
9月1日(日)より改定となります。
8月31日(土)までのご注文は現在の価格にて承ります。

ボビーワゴン2段2トレイ
◎ボビーワゴン 2段2トレイ / 2段3トレイ
・ホワイト、ブラック 28,350円  新価格:31,500円
・レッド、オレンジ、トルネードグレー 31,500円  新価格:34,650円
・ベージュ  35,700円  新価格:38,850円

 

ボビーワゴン・3段
ボビーワゴン 3段2トレイ / 3段3トレイ
・ホワイト、ブラック 35,700円  新価格:39,900円
・レッド、オレンジ、トルネードグレー 38,850円 ⇒ 新価格:43,050円
・ベージュ(3トレイのみ)  43,050円  新価格:47,250円

 

ボビーワゴン・3段5トレイ
ボビーワゴン 3段5トレイ
・ホワイト、ブラック 38,850円  新価格:43,050円
・レッド、オレンジ、トルネードグレー 42,000円  新価格:46,200円
・ベージュ  46,200円  新価格:50,400円

 

ボビーワゴン・4段
ボビーワゴン 4段4トレイ / 4段5トレイ
・ホワイト、ブラック 50,400円  新価格:55,650円
・レッド、オレンジ、トルネードグレー 53,550円  新価格:58,800円
・ベージュ(4トレイのみ)  58,800円  新価格:63,000円

 

アイアーマン・テーブル
アイアーマン・テーブル
・1400タイプ 89,250円  新価格:97,650円
・1600タイプ 94,500円  新価格:102,900円

 

アイアーマン・シェルフ
アイアーマン・シェルフ
・1400タイプ 178,500円  新価格:199,500円
・1600タイプ 189,000円  新価格:210,000円

 

SE18
SE18
46,200円  新価格:50,400円

 

ulmstool

ウルムスツール
29,400円  新価格:33,600円

 

ご検討中の方はお早目にどうぞ。

SALE品のご紹介2

皆さまこんにちは

今日は立秋、暦の上では秋になったみたいですが、
全国的に猛暑が続いていますね・・・ 北海道も30度超えと
なっており、ここしばらくは衰えそうにない暑さとつきあわなければなりませんね。

メトロクス札幌では、そんな暑さに負けないSALEを開催中です!
先日に引き続き、SALE品紹介をさせて頂きます。

DSR

DSR ライトブルー×ブラックベース 30,450円→ 27,405円(10%OFF)

セイル

SAYL チェア サスペンションミドルバック 66,150円→ 56,228円(15%OFF)

HIA

ハングイットオール  25,200円→ 21,420円(15%OFF)

ブルーム

白山陶器全品 10%OFF!

皆さまお誘い上ご来店お待ちしております!

天童木工フェア

tendofair

1930年代にアメリカで誕生した成形合板の技術をいち早く取り入れ、
デザイナーたちとのコラボレーションにより優れた製品を生み出してきた天童木工。
今回のエキシビジョンでは50年-70年代にデザインされたジャパニーズモダン
の名品と謳われるプロダクトを取り揃え、展示販売いたします。

ご購入特典
① 期間中、天童木工製品をお買い上げのお客さまに「成形合板ハンガー」
またはオーク材を
使用した「天然木ノート」のいずれか1点をプレゼントいたします。

②この度お目見えする展示品(現品)は全て10%OFFにてご購入頂けます。
全て1点限りと
なりますので、先着順とさせて頂きます。

実物を豊富にご覧いただける貴重な期間ですので皆さま是非お誘いあわせの上、ご来店ください!
スタッフ一同お待ちしております。

 

TENDO FAIR ムライスツール

こんばんは。
今日は風もありますが、蒸し暑い一日でしたね。

さて現在、メトロクス札幌で開催中の「TENDO FAIR」の商品を紹介していきます。
本日はムライスツール

ムライスツール

ムライスツールは、今から52年前の1961年に開催された、第1回天童木工家具デザインコンクールに
出品され、佳作を受賞した製品です。デザイナーは、田辺麗子さん。田辺さんの旧姓のムライが
そのまま製品名になっています。

その後、天童木工の海外の雑誌への広告にムライスツールが使用され、それがニューヨーク
近代美術館のキュレーターの目にとまり、1967年、MoMAのパーマネントコレクションとして
収蔵されています。

構造は、同じ形状の3枚の成形合板を組み合わせて形づくられ、素材は、チーク(柾目)材が
使用されています。
チークは、ウォールナット、マホガニーとならび世界3大銘木として古くから家具などにもよく
使用されてきました。しかし、近年では輸入も規制されていて入手が困難になっている木材でもあります。

ムライスツール

上から見るとこのようになっています。3枚の合板の木目がしっかりあっているのもムライスツールの特徴の1つ。
そして、同じ材料から3枚の合板が作られているのがわかります。
そして

ムライスツール
ムライスツールは、どの面を下にしても、上の面が水平になります。

muraistool4

飾っておきたくなるオブジェのようなフォルムですが、スツールとしてはもちろん、サイドテーブルや
マガジンラックとしてもお使い頂けます。

現在店頭に実物を展示しておりますので、是非一度ご覧になって頂きたいプロダクトです。
フェア期間中はご購入特典もございますので、詳しくはこちらをご覧ください。

また、ウェブショップでも取り扱っています。詳細はこちらから。

TENDO FAIR その2 低座椅子

こんにちは。
もうお盆休みの方も多いと思いますが、皆さん海や山などに行かれていますか?
メトロクス札幌はお盆休業はありませんので、通常通り木曜日(15日)のみのお休みです。

メトロクス札幌では、先週金曜日から8月限定展示販売が始まています!

という訳で、今回もTENDO FAIRから商品をご紹介します。
本日は「低座椅子」です。

低座椅子
もともとのデザインは1958年。歌舞伎役者、八代目・松本幸四郎(白鷗)邸の設計を
坂倉準三建築研究所が担当し、畳の上でもゆっくり過ごせる椅子が欲しいとのリクエストから
誕生した椅子です。
デザインは、当時研究所の家具担当として在籍していた長大作氏が担当しています。
1949年にデザインされた坂倉準三氏の「竹カゴ椅子」の構造をベースに改良が加えられ、
低座椅子が誕生しました。

その後、1960年にはミラノトリエンナーレにも出品され、長氏が設計を担当した日本ブースは
金賞を受賞しています。(翌61年に商品化されました)

低座椅子
正面からはこのように見えます。
特徴的なのは、座面と背もたれの形状。柿を半分に割ったときのかたちからヒントを得たものだそうで、
有機的な曲線を描いています。これは、2006年にメトロクスから発売したパーシモンチェアでも
見られる独自のフォルムです。

低座椅子
背面から。畳の上で使用した際に畳を傷つけないよう配慮された脚部が特徴的なかたちを
しています。4本脚ではなく、荷重が分散されるようにそりのような形状をしています。

低座椅子

低座椅子のもうひとつの特徴は、ビスなどの金属が見えるところには一切ない事。
かたちだけではなく、見た目の美しさにも配慮されています。
実用性とデザイン性が認められ、1964年にはグッドデザイン賞を受賞。生産開始から現在まで製造が続く、
ロングセラーのプロダクトです。

現在店頭に実物を展示しておりますので、是非ご覧ください。
※ファエ特典の展示品10%OFF対象品は完売しました。

ウェブショップでも取り扱っています。詳細はこちらから

TENDO FAIR その3 ヘロン・ロッキングチェア&オットマン

こんにちは

天気予報では木曜日くらいに降る予定だった雨。。。今朝になってどっとやってきましたね…昨日から開催されているRSRの方たちや残り最後の夏休みを楽しむ子供たちにとってはつらい雨ですが、早くお日様が出てきてくれるといいですね!私も夏休みをいただき、2週間ぶりにきたお店は新しく入った家具達で埋め尽くされ、かなり興奮気味です!うわぁ~欲しい~~~!と物欲の神様が降りてきそうです 笑

今回も8月27日までメトロクス札幌で開催している『TENDO FAIR』の商品からヘロン・ロッキングチェア』ご紹介です。

rokkingchair-nanamenew

ヘロン・ロッキングチェア&オットマン ダークブルー ¥129,675→¥116,708

こちらのヘロン・ロッキングチェア&オットマンは【TENDO FAIR特別商品10%OFF】で展示品に限り特別価格でご提供させていただいています。1966年に発売してから40年以上にわたり生産されつづけられているヘロン・ロッキングチェアは、天童木工の代表作のひとつ。無駄のないシンプルなデザインで軽量なうえにとても丈夫なのも人気の理由かもしれません。

rokkingchair-asimoto

その秘密は、こちらの画像でわかるでしょうか?背から座、脚部まで一切の継ぎ目のない、一体成形でつくられているから。一体成形でつくると、余分な部材が必要なく、家具の故障の一番の原因である継ぎ目を最小限にすることができます。だからこのロッキングチェアは、軽量で丈夫なんです!華奢に見えますが、現在まで作りつづけている信頼のおける丈夫さです。

rokkingchairnew-new

『TENDO FAIR』で展示中のムライスツールをサイドテーブルとして合わせてもちょうどよい高さ。この組み合わせ、わたしの中でかなりのお気に入りです。そしてMETROCS札幌では『TENDO FAIR』と同時に『SALE』も絶賛開催中!人気のアイテムが多数お値下げしていますので、併せてご覧になりにいらしてください!
みなさまのお越しスタッフ一同お待ちしております!

TENDO FAIR その4 Spoke Chair

こんにちは

先日の雨からすっかり肌寒くなり、北海道の夏は終わったな…と感じる今日この頃、みなさん元気にお過ごしですか?寒いのが本当に苦手で、今からびくびくしているスタッフ菅原です。もう少し残暑を楽しみたいな…
さて気を取り直して、今回も今月28日まで開催している『TENDO FAIR』からのご紹介です。

spokechair-syoumen

Spoke Chair ¥120,750→¥108,675 (現品のみ)

通常のイスよりもはるかに大きい座面がまず目を引くスポークチェア。あぐらをかいたり、足を投げ出したり、まさに日本人をリラックスさせるためのイス。高さも34cmと低いのでまるで畳に座っているような安心感があります。小さな子どもや赤ちゃんならお昼寝できるくらい広くゆったりとした座面です。こちらのスポークチェアTENNDO FAIR』展示品に限り、特別価格でのご提供となります。

spokechair-back

バックスタイル。
竪琴のような背もたれも特徴的なスポークチェアは、豊口克平氏が伝統にモダンを取り入れ、日本の生活習慣に合うように独自の理論から設計しました。脚先は丸みがあり、畳に置いても傷が付きにくいように配慮されています。※氏は日本人が座るイスづくりのために、人間工学的実験をくり返した人でもあり、剣持勇氏と座った姿勢における人体曲面の研究を行なったことでも有名です。まさに、1度座るとお尻に根が生えてきそうなほど、座り心地がいいのです。ソファも欲しいけどそこまで置くスペースがない、低めのテーブルだけどイスでご飯が食べたい!などのご要望に応えてくれそうなスポークチェアTENNDO FAIR』も残すところあと4日となりました、ぜひこの機会に実際に座りにいらしてください!特別価格も展示品限りですので、気になる方はお急ぎください、お待ちしております!

TENDO FAIR 明日最終日です!

皆さま今晩は!

今日の札幌は晴れていたかと思うと雷とともに豪雨になるという不安定な天気でした。
あんなに暑かった日々がうそのように涼しくなった今日この頃、
過ぎてしまえばちょっと寂しい感じです。
本当に夏はあっという間に終わってしまう・・・

そしてこちらのTENDO FAIRも明日で終わりを迎えます。

シリーズで商品紹介をしてきましたが、最後はこちらです!

2__

T-0281 ダイニングテーブルw800×D800 69,300円→ 62,370円(現品のみ)
S-0507 小椅子 29,400円→ 26,460円(現品のみ)※残1脚

こちらのテーブルもイスも天童木工のロングセラー商品で、なんと56年もの間作り続けられています。
もともとは、神奈川県立図書館の観覧室用に水之江忠臣氏がデザインしたものです。
商品化までに100を超える試作品が作られたことでも有名で、氏は「デザイナーは一生にひとつ、
本当に良いものが残せたらそれで良い」と語っていたそうです。
その言葉に基づいてなのか、このイスは商品化された後もリ・デザインを
重ね時代とともに微妙に変化しているのも特徴です。

__

また、テーブルの特徴としては、上から見たときに少しでも圧迫感が無いように天板下についている
幕板が見えない構造になっています。

4__

このように、少し内側に幕板が付いています。

3__

微妙な背もたれのカーブと座面のフレームで挟み込むシンプルな構造で
身体にフィットします。また、使用される木材もブナからチークへ。そして
現在はシナ材が使われています。

明日が最終日となっておりますので、是非実物を見にご来店ください!
スタッフ一同お待ちしております。