KIRICO*KILICO

mail_main

KIRICO*KILICO Exhibition
6/12(SAT) - 7/4(SUN)

切子作家として活躍する吉 田順子が手掛ける
「KIRICO*KILICO」エキシビジョンを開催!

様々な媒体にも取り上げられ根強いファンの多い吉田氏の切子が
期間中は豊富なラインナップでご覧頂けます。
一点一点、職人技術による丁寧な作りは
江戸切子の高い技術を生かしつつ、クローバーなど身近な素材をモチーフにするなど
「手にした時、ふと笑みがこぼれるような器」というコンセプトのもと
女性作家ならではの繊細でやさしいデザインが特徴となっています。

この機会に是非、切子の魅力をご堪能ください。

期間中に対象商品1万円以上をお 買上げの方先着30名様へ
限定ショットグラスをプレゼン ト!
ショットグラス2
1万円 以上で1つ、2万円以上でペアとなります。

※プレゼ ントはなくなり次第終了となります。
※色や柄 のご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。

The glass Vol.1

ようやく北海道らしい心地良い6月がやってまいりました。
日の出が早く、そして日の入りが遅く、
長く感じる一日に なんだか得した気分になる今日この頃です。

そんな一方で、バタバタと過ごしているわたくしは
ブログのUPもすっかり怠ってしまいました。。。。

さて、今月のブログテーマは “ The glass ”
ガラスの涼しげな魅力を堪能したくなる季節に合わせ
スタッフのおすすめ商品、そして愛用商品を紹介していきます。

Vol.1でわたくし ヒライがおすすめする商品は
すでにご存知の方も多いはず、「松徳硝子」の うすはりシリーズ です。

一見、割れそう・・・ コレってガラス?? と
思ってしまいますが、私は未だかつて割ったためしがありません。
強化ガラスということもあり、薄さの割に割れにくいのが特徴です。
大切に使っているからかもしれませんが。。。

↓ こちらは私が愛用しているひとつ。

IMG_1111
SIWAオールド Lサイズ ¥1,365(in tax)

カランコロンと氷の音を奏でるこちらのグラスは、
薄い飲み口がお酒の美味しさを引き立ててくれるとっておきのアイテムです。
麦茶なども、もちろん美味しくいただけます。

そして、こちらは父の日の贈り物におすすめのグラス

IMG_1114
大吟醸(木箱入) ¥2,100(in tax)

グラスの中にある突起がお酒の香りを引き立たせる こだわりのアイテムです。
香りを楽しむお酒、日本酒とワインは特におすすめですよ。
IMG_1123

6月20日の “父の日” にむけ、
今週末はメトロクス札幌にて心のこもったギフトをお探しください!

work in last week’s Tokyo

画像 049
Herman Miller japan

画像 031
CLASKA

画像 030
東京国立博物館

画像 034
METROCS Tokyo

画像 032
新国立美術館

画像 035
I love Tokyo Tower!

画像 036画像 033画像 028
フレスコ

もっぱら仕事では東京に行きます。
理由は2つ、取引先メーカーが東京に集中している事。
もうひとつは公私ともに同じスタンスで仕事をしているブレーン達に会いに行くため。

もちろん、地方都市もたまに行きますが、ほぼプライベートで行くのでゆるいスケジュールで
リラックス兼ねながらの旅になります。(たまに仕事の良いアイデアも浮かびますが)

そう、東京のスピード感は東京に行かないと分からない。
賛否はあるだろうし、国単位でみるともっとスピードだせ!と言われるかもしれないですが・・・
東京が全て良いわけでも基準にしたい訳ではないのですが、世界から見られているという
緊張感は札幌にはない空気感。

今もっぱら言われている地方の在り方や可能性についてなど。
もちろん私もその地方でビジネスをする一人。
否応なく毎日この課題は頭にあります。

ですが、やはり日本の中で人含めて優秀なものが集中しているのは東京。
その良い意味での緊張感を札幌のこの小さなお店で日々保っていければと思う今日この頃です。

Viva Hokkaido4

去年、学生の時にうちにアルバイトに来ていたうっしーこと
牛田嬢が素敵な案内状を持参して現れました!

画像 019

円山に新しいお店がOPENします。
Hokkaido Life Department

何やらユニーク且つ美味しそうな話題ではありませんか。
しかも近所なのでかなりリピート率上がりそうな予感

画像 020

うっしーはずっと進路につて悩んでおり、物をつくる仕事と
物を販売する仕事両方がしたいと話していました。
まさにこの会社は両方叶えていますね。

本日レセプションだそうです。案内どうもありがとう!
陰ながら応援しているのであの爽やかな笑顔で仕事がんばるんだよ!!

OPENは6月18日です、皆さまも是非お立ち寄りください!

SALE SALE SALE

少し夏らしい気候になってきましたね
夏のジリジリ太陽が大好きな私にとっては短すぎる北海道の夏
楽しむ準備だけは万端です!早くもっともっと暑くなって欲しいものです

さて

そんな初夏、メトロクス札幌店ではSALEがスタートしております
img_main

家具から小物まで最大50%OFFの目玉商品が盛りだくさん!!
まだまだお買い得なアイテムが残っていますが
展示品現品のみのものも多数ありますので
お早めのご来店をお待ちしております!!
.

.

.

.

KIRICO*KILICOエキシビジョンも同時開催中です

期間中展示していますオールド切子の貴重なコレクションは
一見の価値があります
また吉田順子さんのアイテムも豊富ですので
これからの季節を楽しむとっておきの一品を探しに
是非足を運んでくださいね!

product_kiriko1

glassware

連載中のブログ、遅れましたが
”the glass”第2弾をタカハラがお届けします

その透明感と、発色、自由に変形するカタチが不思議な魅力であり
日常生活の中で水をのむためのコップだったり
中世の歴史建築物のステンドグラスだったり
ガラスと一口に言っても思い浮かべるものは様々。

だけど生活に光をもたらしてくれる素材であることは間違ありません。
現在、ショップにて開催中のKIRICO*KILICOのアイテムも
もちろんその中のひとつですが、今回は特集されているもの以外の
ガラス製品を少しご紹介したいと思います。

studio prepaの製品。
06271909_4a45efc9a17a2
”どれも至ってシンプルで、物の形(機能)や素材感を 素直に表した器”
のコンセプトのもとデザインから製作まで一環して全て工房にて自らが
おこなっているそうです。
無駄なものが一切なく、それでいて
独特な色使いと落ち着いたフォルムのバランスが
確かな存在感を生み出しています。

<左から>
デザートボウル グリーン¥3,465(tax inc.)
デザートボウル クリア¥3,360(tax inc.)
デザートボウル オーバージーン¥3,465(tax inc.)

もうひとつ。同じくstudio prepaより
鮮やかな配色のグラデーションが目をひくガラスランプ。

05261612_4bfcc9da87220
05261026_4bfc78b328996
05261610_4bfcc96ecd440

消灯時も美しいですが、ぜひぜひ光を灯してみたくなる
とっても優しく穏やかな印象のランプです

<上から>
ロング
ラウンド
トライアングル 各¥39,900(tax inc.)

どれもガラスの色、カタチを最大限に活かした製品で
見る人を魅了します。
この夏、涼しいガラスアイテムを探しにぜひ
ショップにお立ち寄りくださいね。

中からキレイに

北海道の心地よいシーズンを満喫すべく。
今回は、わたしの夏の楽しみをひとつご紹介いたします。

今しか味わえない北海道産の美味しい美味しい野菜たち。
有機野菜、無農薬の新鮮な野菜を取り扱うお店をみつけて以来
休日はそこに通うのが日課です。
買い物カゴに入る野菜は農家の方たちが丹精こめて育てた
愛情のこもった作品たち。

01
とっても甘くてみずみずしい大根と人参
ニンジンの濃いオレンジは見るからに新鮮で、火を通すのがもったいない。。。。

02

もうすぐ3歳になる息子は、この人参のおかげで野菜スティックが
大好きになったようです。噛む練習にもなるので助かっています。

そして、わたしの一押しは
ほうれん草のシーザーサラダ。

03

そのまま食べれるホウレン草なので、サラダにしていただきます。
ホウレン草が、こんなに甘いものだと今まで知りませんでした。。。

盛りつけているボウルはイッタラのティーマ
小さいボウルは取り分け用やスープ用として使っています。
定番のティーマはどんな料理とも相性が良く、使いやすいので愛用しています。

今年の夏は、たっぷりの野菜で身体の中からキレイになりたいと思います。

日常において少し特別な「ハレ」を味わえる器

連日夏を感じるお天気が続いている札幌です。
それもそのはず、気付けばもう7月目前なんですね!

先日、暑い中催事終了後汗だくになりながらレイアウト変更したのですが、
平井嬢が一息付きながらなんと三ツ矢サイダーを飲んでるではありませんか!!

私の日常にサイダーという文字を見つけるにはこのように誰かが飲んでいる光景を
目にする以外ないので、思わず「わぁ、私も飲みたい!!」と叫んでしまいました。

早速お店にサイダーを買いに走りました。

で、見つけたのは

画像 021画像 023

三ツ矢サイダーではなく「塩サイダー」でした。
好奇心だけは旺盛な私はこういうものに弱いのです・・・

だって、知床らうすの海洋深層水+宗谷の塩!と言われればね。
(が、なぜか製造は函館というなんとも出来上がるまでに時間がかかりそうなサイダーです)

画像 029

画像 030

が、せっかくなので先日購入したKIRICO*KILICO、Vオールドグラスに
注いでみました。ガラスの透明感とサイダーの泡を眺めていると遠い子供の頃の
記憶が蘇りました。

夏休み祖父母の家に遊びに行くといつもケースで買い置きしていたサイダーがあった事。
お風呂上りにそれをお気に入りのグラスで(切子ではなかった気がする)飲ませてもらった事。等など

画像 024

しばし、汗が引けるのをこの団扇と手ぬぐいをお共にノスタルジックな気分に浸りました。

画像 027画像 028画像 033画像 039

この表題は今回のKIRICO*KILICO展にあてての紹介文を抜粋したものです。
まさに吉田さんの切子は日常に置いての「ハレ」を味わえる器なのです。

食べる事や飲む事は生きていく行為ですが、それを支える器もまた心の栄養をとるために
大事な部分だと思っています。

ちょっとしたひと手間と工夫で人生の「ハレ」を是非皆さまも感じてください。

※KIRICO*KILICO展は7月4日までです。皆さま是非!

益子焼も!

連日、新商品や再入荷が続いている札幌店。

そんな中でも見逃せないのが、鈴木 稔さんの器達です。
今月初旬に東京本部で選んできたものなんですが、通常のガス窯で作られるものではなく
薪で焼かれた器達です。単体で見ると分からないかもしれませんが、並べるとその独自の風合いが伺えます。

画像 023画像 024画像 025

全て1点ものですので気になる方はお早めに!
また、詳しい内容は言えませんが、この秋?益子焼の企画を考えていますのでお楽しみに!

おまけ。
こちらは、本日お土産で頂きました六花亭さんの杏仁豆腐。
隠れた名品で私も売っているとすかさず購入する一品なんですが、ファンが多いのか
遅い時間にはあまりお目にかかれません。

画像 027画像 029

皆さまも是非ご賞味あれ!

円山おすすめランチ1

先日もご紹介しましたが、近所に出来たこちらへ早速行ってきました!

画像 006

こちらのランチ、1Fで好きなものを4品チョイスして、2Fのカフェスペースで
そのまま食べられるというスタイル。その他、好きなドリンクとフォカッチャが付いてきました。
欲張りな私には嬉しい限りです!もちろんお味は◎。

3Fはディナースペースとの事、今度は夜に来よう。

画像 007
1Fにはこのように珍しい野菜たちも販売されています。
この日私は写真中央にある玉ズッキーニというものを購入。

画像 005

うっしーです。
皆さまも是非!