普段使いの王様です!

皆さま今晩は!

とうとうGW突入しましたが、心配だった天気も何とか晴れた感じですね。
本日は帰省の方やお散歩途中の方など、朝から多くのお客様にご来店頂きました。
ありがとうございます!

やはり現在行われている白山特集が人気です。
そこで、鳴海目線のおすすめ品を少しご紹介します。

画像 068

こちらは、蓋付丼 2,625円

かつ丼、天丼、まぐろ漬丼、親子丼、鰻丼、牛丼・・・・ と食いしん坊の私は器の前で呪文のように
丼ものを思い浮かべるのです。 大きすぎないのでお茶漬けなども良いと思います。

画像 076

しかも、蓋はそのまま器としてお使い頂けますので
意外に重宝する一品だと思います。

画像 073

こちらは、COMOシリーズ 1050円~

「すくいやすさ」にこだわったシリーズで、見ての通り片側にカーブがあることにより
スプーンで食べ物をすくやすいデザインに仕上げています。

画像 069

形状はもちろん、私はこの鮮やかなブルーに心奪われております。

画像 074

そして、今回の特集でも一番人気を誇る 平型めし碗 2,625円

言わずと知れたメトロクス札幌店でも人気の製品ですが、今回は現行カタログに
掲載されていないラインナップも入荷中という事もあり平めし碗めあてのお客様も多数です。

画像 070

この2点が私が欲しい柄なんです。
どうしようかな・・・

画像 072

こちらも人気の新作 ピピ 1,260円~

子供用食器なのです!! 早最近生まれた知人の子供にプレゼントしました。

画像 071

おまけ。
こちらも言わずと知れた ボールクロックですが、この度ホワイト廃番になりました。
札幌店に展示のみ1点ありますのでご検討の方は是非!

Wilkhahn Campaign !!

mail_main
ウィルクハーンキャンペーン

5/18(TUE) - 6/20(SUN)

ドイツが誇るワークチェアブランド、ウィルクハーン社より
待望の新商品ONが登場!!
座り心地の定義を変える次世代チェアON
002168_WH_ON_2009
革新的な三次元シンクロメカニズムにより、座りながらもバランスよく
且つダイナミックに身体を動かせることを実現し
健康的に座るという新たなスタンダードを生み出しました

この機会にメトロクス札幌では各シリーズを一斉に展示し
座り心地をご体感していただけるキャンペーンを実施します!

<体感レクチャーも同時開催!>

メトロクス札幌のショップにて以下の日程に、Wilkhahn Japan 主任 物井氏を招き
同社の歴史からコンセプト、新商品に至るまでの詳しいお話を聞くことができる
レクチャーを開催します
実際にワークチェアの座り心地をご体感できる絶好のチャンスです

開催日程

第1回 2010年5月21日(金)18:00~19:30

第2回 2010年5月22日(土)12:00~13:30

参加はどなたでも可能!!
まずは、開催日のどちらかご都合の良いお日にちをお選びの上
お電話、またはメールにてお知らせください

TEL 011-615-8777
E-mail info@metrocssapporo.jp

※定員になり次第、応募は締め切らせて頂きますので予めご了承くださいませ
※申し訳ございませんがお車でのお越しはご遠慮頂きますようお願いいたします

Viva!Hokkaido2

GWも終わり、次は夏休みの事なんぞ考えていると、家に懐かしいパッケージが!

画像 008

これなんだか分かりますか?

道民は私と同じく懐かしいのではないでしょうか?
そうです、北海道といえばバター飴(そこまでではないかも・・・)
姉家族がGWに登別に行った際のお土産だったのですが、
このマイナーチョイスに姉妹の血を感じづにはいられませんでした(笑)

今はそれこそ多くの人気北海道土産がありますが、たまには話しのネタなどに
昔からのお菓子も良いなと思いました。

画像 009

北海道道中巡りか・・・ このパッケージを見ていると
色々な所に行きたくなりました。

ワークチェア Vol.1

5月のブログテーマ:ワークチェア

この春、ワークチェアがかなりアツい。
なぜなら今までにない画期的な新作チェア “オン” がウィルクハーンより登場し
人気と反響がすでにものスゴいからなのです!

その新作発表の紹介を兼ね、今月の目玉企画として控えているのが
ウィルクハーンのキャンペーン

というわけで、今月のテーマは“ワークチェア”

メトロクス札幌は北海道で唯一のハーマンミラーとウィルクハーンの
正規代理店であることをご存知でしょうか?
ご購入後のメンテナンスもしっかりとサポートさせていただきます。
自分のからだに合った椅子に出会うためにも
ぜひ一度ご来店いただき、座り心地をお試しください。

Vol.1の今回は、メトロクス札幌で人気のチェアをご紹介していきます。

No.1 Herman Miller
アーロン
アーロンチェア ポスチャーフィット グラファイト
¥ 161,700 → ¥ 137,445

お問い合わせで圧倒的に多いのがこちらの アーロンチェア。
実際に試座されると、その座り心地と細かな調節機能に驚かれ
「やっぱり欲しいぃ」と確実に言っていただけます。


No.2 Herman Miller

ミラ

ミラチェア
¥ 117,600 → ¥ 105,840

アーロンチェアを買うつもりだったけど・・・と
ミラチェアをご購入されるお客様が何気に多い理由のひとつは
多機能要素を残しつつ操作が容易であること。
そしてカラーバリエーションが他に類をみないほど充実していること。


No.3 Wilkhahn

モダス
モダス 275/75
¥155,400

コンパクトな設計がオフィスに大人気のチェア。
ウィルクハーンの魅力は複雑な操作が一切ないシンクロメカニズムで
あらゆる人に合わせてからだをサポートしてくれところです。
長時間デスクに向かう方におすすめです。


No.4 Wilkhahn

000831_WH_Neos_2006
ネオス 181/6
¥124,950

ネオスも同じく複雑な操作が一切なく使いやすいチェアです。
また、すっきりとした控えめなデザインが好評です。

人気のあるチェアを選ぶのも一つの方法ですが
せっかくなら、自分のからだに合った椅子
そして自分の空間に合った椅子を選びましょう。
ワークチェアが本質的なサポートをすることで
皆様のより良いパートナーとなりますように。

嬉しいプレゼント!

先日、本部の下坪社長より嬉しい贈り物が届きました。

私の神社好きを知ってか知らずか。
一度は行ってみたい神社の一つ、金毘羅さんへ行ったらしい!

画像 012

画像 009

団扇も嬉しかったのですが、

画像 010

こちらの金毘羅狗が可愛い・・・

この金毘羅神社は伊勢神宮の「お伊勢参り」に続く江戸時代、庶民のあこがれだったらしい。
ですが、当時もちろん徒歩で行くしか術がなく、行けない人は旅慣れた人や狗に
代参(代わりにお参りして貰うことを指して言う)してもらったのがこの金毘羅狗の由来だそうです。

私も大切に携帯しようと思います。
下坪社長、ありがとうございます。

ワークチェア Vol.2

5月のブログテーマ:ワークチェア
さて前回のヒライに引き続きワークチェアについて
書かせていただきます

以前、オーナーのブログEvolution of Chair
ウィルクハーンの東京ショールームのご紹介があったのは
記憶に新しいですね。

東京のショールームとまではいきませんが、今年度より新商品として
登場しました”ON”のお披露目も兼ねて、北海道唯一のお取扱店として
今回のキャンペーン、レクチャーの期間中、なんと6種類ものウィルクハーン社
ワークチェアが一挙に展示!という機会を作らせて頂きました。
色々と座り比べることができる貴重なチャンスです!

そして今回の目玉は、やはり体感レクチャーでしょう
ウィルクハーンジャパンの主任でもある物井氏が
このレクチャーのために北海道へ来てくださいます。
スタッフも日々勉強ですが、こういったレクチャーはまたとない
チャンスですので、とても楽しみにしています。

また、何といっても新商品ONの存在が気になります。
今までのワークチェアにはなかった新たな試みが実現された
まさに3Dの動きが可能なワークチェア。
私もまだ実物を見たことがないので、今から座ってみたくて仕方ありません。

↓↓↓ こんな動きが可能なのです。

002168_WH_ON_2009

002130_WH_ON_2009

ご検討の方も、ウィルクハーンについて知ってみたいという方も
どなたでもご参加大歓迎ですので、お気軽にお問合せください。

———————————————————————————————
レクチャー開催日
第1回 2010年5月21日(金)18:00~19:30
第2回 2010年5月22日(土)12:00~13:30

※どちらかご都合のよいお日にちをお選びの上お電話またはメールにてご連絡ください
※当日はお車でのお越しはご遠慮ください
———————————————————————————————

Wilkhahn キャンペーンスタート!

皆さまこんにちは!

連日良い天気&高温に恵まれ気持ち良い初夏を思わせる円山です。
ホントは仕事をさぼって散歩にでも行きたい気分でしたが・・・
そんなことを言ったら確実に怒られそうな昨日の昼下がり

慌ただしく催事準備にいい汗かかせて頂きました!

画像 001画像 002

新作”オン” 届きました!!
平井と二人できゃっきゃ言いながら試座したのですが、やはり今までのワークチェアの概念を覆した椅子です!
是非皆さまこのオンを体感しにきてください。

また、今週22,23日にはレクチャーイベントも開催します! まだ受けつけておりますので是非!!

ワークチェア vol3

怒涛の5月も気付けばもう終わってしまう・・・
まっ、いつもの事ではありますが、
旬な情報をお届けするはずのブログが止まるのは無くしていきたいと
反省する今日この頃でございます。

タイムラグがありましたが、先週札幌店で行われたレクチャーイベントの
模様を少し(画像もあまり撮れませんでしたが)

画像 012

こちらは、ウィルクハーンジャパン ホールセール部 主任 物井氏です。
さすが営業のベテランだけあって、自社製品についてはもちろんの事、
他社製品についてもお詳しい・・・いつも勉強になるんです。

以前、メトロクス札幌がウィルクハーン製品を取り扱う事になった時
物井さんがわざわざ東京から来て下さり、画像と実際の製品を使いながら分かりやすく
同社の歴史からコンセプト、製品の特徴をそれは細かく分かりやすく教えて下さりました。

そして今回、新製品のオンの説明兼ねて忙しい最中またまたお越し頂けるとのご連絡!
物井さんの分かりやすいレクチャーを聴けば、よりスタッフも知識が付きお客様へスムーズに接客が出来る!

が、待てよ?

折角なので、直接お客様にも聞いてもらうのはどうか??
そんな突然企画にダメもとで聞いてみると、快いお返事!

画像 018

画像 031

あまりにも突然企画と告知が不十分でかなりの少人数ではありましたが
皆さん身を乗り出して聞き入っておりました。

これだけ豊富な種類と説明を聞けば、これからワークチェアを購入する際の
ポイントはもうバッチリです!

私も再度、椅子選びの重要性を認識させられました。

画像 023

こちらは、現在私が仕事に使っているFSライン。
30年前に発表され、言わば現在のワークチェアの原型になった椅子です。
当時、背と座が連動して動く(オート・シンクロ・アジャストメント)は世界初でかなりセンセーショナルだったそうです。
もちろん、各国の美術館のパーマネントコレクションになっており、日本ではロングライフデザイン賞も受賞。

画像 028画像 024

そして、人間工学に運動学を取り入れた、全く新しい発想の椅子オン
↑見ての通り、動く方向に座面がついて行くのです。
今までの上下動作に斜めの動きが出てきた事により体にかかるストレスが軽減され、
仕事や勉強に集中できるという訳です。こうなるともう、ワークチェアのカテゴリーではなく、
もっと広い意味でのパーソナルチェアと考えたほうが良いと思います。

画像 027
①ソリスF

画像 029
②オン

今までのワークチェアと大きく異なる構造は、↑このように①は左右繋がれたパーツで
座面の構造が出来ておりますが、②は左右独立した形で支えているので斜めの動きが可能と言うわけなんです。

時代の転換点といわれる現在、ハイブリット車や3Dテレビなど次世代の技術が次々と花開いていますが
まさに、これは椅子の革命と言っても過言ではありません!

皆さま是非一度お座りにご来店ください、きっと目から鱗が出る事でしょう。

Viva hokkaido3

画像 006

アスパラ旬です。
いつもこの時期になると有難いことに採れたてのおすそわけに肖ります。
これも北海道ならではかな?

旬のものって味もさることながら色がもう、それはそれは美しく・・・
目でも味わえます。

これはシメジとバターで炒めたもの。

私の元気の源はやはり食にあるのかな?と最近改めて思っています。
有難や・・・合掌

ガラス=びいどろ

こんにちは、昨日に引き続き天気の良い札幌ですね。
そろそろ運動会シーズン突入です。

寒い毎日だったので本当に太陽に感謝ですね。
さてさて、暖かくなるとガラスものに目が行くのは私だけでしょうか?

画像 056

まぁ、1年通してガラスものには目が無い鳴海なんですが、
先月東京に行った際にこちらの展覧会へ。 ※5月23日で終わってしまいましたが・・・

陶器も西洋文化の影響を受けながら伝統を継承されているものもありますが、
ガラスはとりわけ舶来品の匂いがします。
それもそのはずで、もともと日本でも飛鳥時代よりガラスは存在していましたが
本格的に色々な品を作るようになったのは17世紀(江戸期)オランダやポルトガルとの
貿易をきっかけに長崎から吹きガラスが発祥されたのが始まりだそうです。

この展覧会はそんな当時の人たちが西洋のガラスに魅せられて
多種多様のガラス作品を作ってきたのが伺えます。

当時、ガラスの呼び名は、瑠璃やびいどろとも呼ばれていたのも素敵ですよね。

画像 026

画像 027

作品そのものももちろん美しいのですが、こんな箇所にもガラス使ってるの?と思うディテールに
当時の職人さん達の技やアイデアに脱帽でした。なんというか、現在のマーケティングを基にした
商品開発や大量消費を前提にしたもの作りからは対極にある、粋で遊び心のあるガラス達に脱帽です。
METROCSはやはり作り手の意思や誇りが感じられるパワーあるもの達を紹介し続けていきたいと思いました。

そんなもの作りをしている、KIRICO*KILICOの催事が6月12日より札幌店でも始まります。
先日、作家である吉田順子さんと久しぶりにお話ししたのですが、
6月の札幌は気候が良いですよ~、と言うと「行こうかな?」との事!

もしかして吉田さんにも会えるかもしれません!

画像 001画像 004

期間中は、催事限定品が多数ですので
是非ともご来店ください!

詳細はまたWebやブログで紹介していきますのでお見逃しなく!