秋の夜長は読書

食欲と並行して読書も進む秋です。
私の場合は隙あらば季節問わず本を読んでいるのですが、
最近はその隙を見つけるのも至難の技になりつつあります。

が、以前にお話しした1Q84、読みましたよ。寝る時間を削って・・・
しかも同時期にハマったマンガもあり、悩んだ末に並行していきました(笑)
が、、、 面白すぎてどうなったかというと頭の中で両者ミックスした内容になってしまい
これじゃ勝手に新たな物語を作ってしまうことになると、慌てて一つずつ片付けるようにしました・・・

欲張りは禁物ですね。

このハマった物語たち、なぜこうも私を魅了するのか考えたんです。
日々忙殺しているなか、ましてやこの世の中気を散らす欲望達なんてわんさか待ち受けているのです。
その欲望達にあっさり勝ち、私の睡眠を削るとは・・・あっぱれ!と言いたくなります。
特に小説は映像もなく文字のみ一本勝負でその世界に引き込むのですから
作者の本気度が伺えます。

話はもどして何故に魅了されるか?
私の結論は、登場人物(キャラクター)に奥行きがあるからでは?と思いました。
つまりストーリーに関連しなくても良いことでもそのキャラクターを理解させるための
説明というか詳細がきっちりしており、それが結果一人一人の個性を際立たせる事に繋がっているというか、
要は全てのキャラクターに対し作者の愛情のようなものがみられるのです。
それが結果的に物語全体の面白さに繋がっているのかなと。

私は単純に面白かったで片付けられない物事の本質みたいなものをこの本たちに教わった気がします。
それは普遍的なもので、お店を運営する上でも非常に大切な事。

画像 385
そのハマったマンガ、編集王。皆さんご存知ですか?
私は知りませんでした・・・ 遅ればせながら私も土田ワールドの入り口に立ちました!

画像 383
そして、結果・・・
これは夕方ではありません、朝なのです。
皆さまも寝不足には気をつけて読書をお楽しみください。

懐かしトケイ

我家からほど近い真駒内公園の木々がだんだんと色づいてきました。
忙しなく動いていた最近、通り過ぎていた場所にふと目をやると
自分の思っている以上に早いペースで進んでいる季節の変化に驚きました。

近頃実感する時間の大切さ。
仕事はもちろん、日々の生活でも1分1秒が貴重です。
忙しいときだからこそ、少しの時間でも日々の小さな感動に
目を向けていたいものですね。それが心や頭の整理につながって
仕事やプライベートでの効率がスピードアップしていくような気がします。

時間を大切に使いたい、時間を楽しく贅沢に過ごしたい、
そんな願いに少しでも貢献してくれそうな、新商品をご紹介致します。

【廣田硝子 : スナ式トケイ】
すな時計

5分計  ¥2,100(税込)
30分計  ¥5,250(税込)
60分計  ¥6,300(税込)

木枠のないスナ式トケイは優美なフォルムが際立ち、とても魅力的です。
5分、30分、60分と、それぞれ厳選された砂の色が時を刻みます。

2歳になる息子とは、なるべく時間で動くように心がけています。
「5分たったら出発しよう!」「5分待っててね。」
「6時になったらご飯を食べよう!」
そうすると、理解してくれているのか素直に待っていてくれるのです。
そんな時にタイムリーに入荷してきたこのスナ式トケイ。
このスナが落ちるまで・・・となんだか、楽しい時間を過ごせそうです。

DSCF5399

とある日の昼下がり

今晩は、10月も半分が終わってしまいましたね・・・
最近は日が落ちるのも早く、もうすぐ来るであろう冬を意識する毎日でございます。

そして気付けばブログUPの少なさに自分を嫌いになりそうになるのをグッとこらえて今、書いています。

画像 395

とある昼下がり、ステラプレイスのスタッフ休憩を回しにお店に行くと
ぞろぞろとどこからか数名の男性と、ぬいぐるみが現れて何やら準備を始めるではありませんか。

画像 394

一からぬいぐるみを着る人をはじめて見ましたよ!
それもまじまじと、だって目の前だったもので・・・

あれは結構大変そうです。
しかも一人では着れないらしい。

そして想像通り暑いらしい・・・

画像 389

本番スタート!
で、何のキャンペーンかと思ったら、秋の火災予防運動だそうで、この赤いぬいぐるみは炎でした。
なんだか初めから見ていたせいもあり、意外にも親近感なんか沸いてしまい
キャンペーンの応援と思い近づいてサクラになってきました(笑)

画像 393

警察の方もたいそう喜んでくれました。
ここには載せませんが炎くんとも2ショットまで・・・

そしてパンフレットとともに沢山貰ったものは上記の麺棒セット。

画像 392

でも、ルンルンとまではいきませんでした・・・

待望の!

この3ヵ月駅にいるわけですが(本当に改札口の近く)
日々、「○○行きが発車します」 「○○線に電車が入ります」というアナウンスを聞くうちに
本当にどこかに行きたくなってしまいました(笑)

子供のころから空港や駅が大好きで、旅先の待ち時間などに行き交う人々を見ながら
みんなどこに行くのかな?など飽きもせずに想像を膨らませていました。

画像 406

そして気付けば私の待望の連休が。
社長になってからろくに休みらしい休みをとっていなかったので
休みが近づくにつれて逆に不安になるくらい・・・

でも、せっかくだし
どうしようかかなり考えました。

画像 405

連休といっても長期は取れないので海外は無いな・・・
読むより買うほうが優っている本はどうするき?
すぐきみは最短コースを考えるけどいつもはしないことしたら?

と、一人勝手に思案・・・

さて、皆さま私は何処に行くでしょう?

1.秋の知床

2.紅葉の奥入瀬

3.盛岡へ冷麺を食べに!

答えは後日。

では、良い旅を(自分に言いました)

Nookaウォッチがラインナップ

最近増えたなぁ。と実感する通勤中にマスクをつけた人々。
私もその一人ですが、インフルエンザ、風邪が本当に猛威を振るっていますね。
少し前まで油断してましたが、私も子供もダウンしてからというもの
マスクを手放せない毎日です。皆さまもぜひマスクを。。。

本日はステラプレイス店に入荷してきたばかりのNookaをご紹介致します。

IMG_0064

IMG_0060
Nookaはニューヨークのデザイン企業で、時間を新たな領域で表現した
デジタル腕時計が有名です。
カラーバリエーションやスタイルも豊富で、ポップな印象のものから
クールな印象のものまで幅広くお楽しみ頂けますよ!

IMG_0054

ただ、これだけのラインナップを実際にご覧頂けるのはあとわずか。
ステラプレイス店 出店期間中の特別展示となっておりますので、
この機会にぜひお越し下さい。

みちのく一人旅①

私はすぐに効率を考えてしまうたちなんです。
それは年を重ね逆算するくせを身に付けてからでしょうか・・・

限られた時間内にやりたいこと、見たいことを総動員するためにはまずは綿密なスケジュール立てが肝心です。
(なんてカッコいいこと言っていますが大体スケジュールの1/3は狂いますが・・)

で、選んだ移動手段は列車です。
しかも仕事が終わってからの22時発青森行きをチョイス。
要は移動時間に寝てしまえ!という少々荒い手を使いました(笑)

画像 420

画像 423

初めての青函トンネルだったのですが、気付いた時には津軽海峡はとっくに渡っておりました・・・
暗いですが車窓からの景色です。

画像 410

青森→八戸→盛岡
なんと盛岡には朝の7:30着。さすがにどこも開いていません・・・
という事でそのまま花巻へと列車を乗り継ぎました。

花巻に着いたのは8:30、出発から約10時間も列車に乗っていた事に!
自分でも驚きでしたが、意外に退屈せず(というかほとんど寝て)過ごせましたよ。

画像 412
寝ぼけながら列車を乗り継ぎ、気付けば津軽平野に立っている自分がおり、なんだかテレポーテーションでも
したような妙な時間感覚を味いました。しかもたっぷり寝られたおかげで朝っぱらから元気!
これはもう歩くしかありません(笑)

みちのく一人旅②

花巻をチョイスしたのは宮沢賢治ファンということもあって。

根性系ではありませんが、私もこの詩に何度救われたことか・・・
この雨ニモマケズは晩年病床で書かれたそうです。
だからなのか、本当に心の底から強い人間になりたい思いが伝わりますよね。

画像 414

これはその雨ニモマケズの詩碑です。

賢治はこの広大な津軽平野で畑を耕しながら村の青年たちに芸術、文化といった農業以外の
事を教え文化向上に務めたそうです。
それで頑張りすぎたのか病に倒れたそうです・・・

画像 416

この桜地人館は、まさに雨ニモマケズの詩碑のすぐそばにあり
宮沢賢治・高村光太郎等と親交のあった佐藤隆房さんが建てたそうです。
名前に桜がつくのは、春は桜がきれいに咲くからだそうです。

画像 417

もちろん見学に!
こじんまりしており展示数は少ないものの丁寧に管理されている事と、受付の方も親切で良い印象でした。
しかも、次に行こうとしている賢治記念館の道のりを聞くと、上記の地図を頂きました。
皆さん分かりますか?これ、手書きなんですよ・・・

私も手渡された瞬間聞いてしまいました「これ頂いても良いのですか?」
すると快く手渡してくださったのと、口頭でも親切に教えて頂いたので非常に感激しました。

画像 431

宮沢賢治記念館

画像 428

よだかの星

画像 430

津軽平野

画像 432

画像 433画像 436画像 438

子供の頃おもちゃはあまり与えられませんでしたが、本だけはやたら買ってくれた母。
その中でも特にお気に入りだった宮沢賢治。
大人になりその大好きな文学の発祥の地に来れるなんて本当に幸せです。

みちのく一人旅③

ここからは一気にダイジェストでお楽しみください。

画像 460

画像 461
光原社

画像 459
岩手山

画像 449
団子

画像 447
兜岩

画像 446
桜山神社

画像 443

画像 442
石割桜 ※これは本当にびっくりでした!

画像 456画像 468

まだまだあり、ゆっくり思い返しながらUPしたいのですが・・・
明日からはこちらのイベントで東京へ
みちのくに浸っている場合ではなくなってきました(汗)

でも、番外編書くので待っていてください!

DesignTide Tokyo

早いものであれから1年経ちました。
今年はタイドマーケットに出店します。
私も店頭におりますので東京にお越しの際は是非ミッドタウンまで!

TIDE2

今年はどんな感じで盛り上がるのか今から楽しみです。