いろガラスの器・その2:松徳ガラス

こんにちは。
連休最終日の本日は青空が広がり、いいお天気ですね。
風がとても心地く感じられます。

さて、14日から開催中の「いろガラスの器展」から今日は松徳ガラスの器をご紹介いたします。

松徳ガラスといえば「うすはりグラス」が有名ですが、もともとは電球用のガラスの
製造工場として1922年に創業した歴史ある会社です。
電球の製造で培ったノウハウと技術を活かし、1958年に現在の社名に変更。
うすはりグラスの製造を今日に至るまで続けています。

今回のエキシビションで登場している「色ガラス・コップ」と「色ガラス・小鉢」は
既に廃番となっている色のガラスを使って作られています。

色ガラス・コップ

色ガラス・コップは手前からイエロー、ブルー、グリーン、ヴァイオレットの全4色。

色ガラス・コップ

手に持つとこんな感じです。容量は180mlです。

色ガラス・小鉢

続いては「色ガラス・小鉢」。こちらもコップと同じく全4色展開です。

色ガラス・小鉢

大きさは直径が12cm(容量180ml)と小ぶりです。
取皿にもちょうど良いサイズです。

主役の料理を邪魔しない、ほんのり色がついたやさしい印象の器たちです。
是非、店頭でご覧ください。

 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category 商品 / キャンペーン情報 | Author