紙からデザインされたワーキングデスク

普段何気なく使っているものが、以外にきれいな形を
していることに皆さんはお気付きでしょうか?

 

例えば、オフィスで使用しているコピー用紙、
非常にバランスが良い形をしていると思いませんか?

 

実はこの形、縦横の比率が黄金比をとっているため、美しく見える のです。
古くはルネッサンスの時代から多くのアーティストや建築家によって
黄金比を取り入れていますが、身近なところでは、ipod・デジタルカメラ・
クレジットカードなど、色々なところで現在でも使われているのです。

 

この黄金比を用いた製品が、メトロクスにもありますので、ご紹介します。

 

オフィスのデスクの寸法は、高さ、幅、奥行きなどJIS規格で
標準的な寸法が定められていて、現在みかけるデスクの殆どが
このサイズに縛られています。この常識を覆したのが、このデスク「DinA」 。2008.jpg

 

縦横の比率を保ったまま等分できる黄金比を持った「紙」の
A判サイズを基準とした世界初のテーブルです。
現在オフィスのいたるところで見かけるA判の用紙も ドイツの工業規格(Din)が元になっています。
dina1.jpg

 

黄金率がもとになっていることもあり、何処から見ても美しい長方形の天板には、
更にこだわりの工夫がなされているんです。
天板になっているMDF材は木材チップを繊維状まで分解し接着剤で固めた物ですが、
木材チップを使いますので、残材などがでにくく、加工しやすいのが特徴です。
ウィルクハーンは、この素材を繊維状に加工した段階で、繊維を黒く着色したのちに
固めることにより、内部に至るまで同じ色味で天板の作成しています。

 

dina.jpg

 

MDFは素材の特性上、温もりの部分で、無垢材に劣ってしまいますが、
この問題は、木の粉を吹いてやわらかい風合いを演出することで解決してます。
この工程により、冷たく見えがちの天板が、温かみを帯びて見え、
オフィスはもちろん自宅の室内でも馴染み収まりが良く見えます。

 

p1011501.jpg

 

素材や形状などはシンプル極まりないのですが、
質感は上質で、仕上げに至るまで完璧に仕上げ
られているのは、ドイツの製品ならでは。

 

シンプルなデスクをご検討中の方は、是非お勧めしたい製品です。

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category スタッフブログ | Author