みちのく一人旅②

花巻をチョイスしたのは宮沢賢治ファンということもあって。

根性系ではありませんが、私もこの詩に何度救われたことか・・・
この雨ニモマケズは晩年病床で書かれたそうです。
だからなのか、本当に心の底から強い人間になりたい思いが伝わりますよね。

画像 414

これはその雨ニモマケズの詩碑です。

賢治はこの広大な津軽平野で畑を耕しながら村の青年たちに芸術、文化といった農業以外の
事を教え文化向上に務めたそうです。
それで頑張りすぎたのか病に倒れたそうです・・・

画像 416

この桜地人館は、まさに雨ニモマケズの詩碑のすぐそばにあり
宮沢賢治・高村光太郎等と親交のあった佐藤隆房さんが建てたそうです。
名前に桜がつくのは、春は桜がきれいに咲くからだそうです。

画像 417

もちろん見学に!
こじんまりしており展示数は少ないものの丁寧に管理されている事と、受付の方も親切で良い印象でした。
しかも、次に行こうとしている賢治記念館の道のりを聞くと、上記の地図を頂きました。
皆さん分かりますか?これ、手書きなんですよ・・・

私も手渡された瞬間聞いてしまいました「これ頂いても良いのですか?」
すると快く手渡してくださったのと、口頭でも親切に教えて頂いたので非常に感激しました。

画像 431

宮沢賢治記念館

画像 428

よだかの星

画像 430

津軽平野

画像 432

画像 433画像 436画像 438

子供の頃おもちゃはあまり与えられませんでしたが、本だけはやたら買ってくれた母。
その中でも特にお気に入りだった宮沢賢治。
大人になりその大好きな文学の発祥の地に来れるなんて本当に幸せです。