銘木椀

銘木椀 こちらの木椀を作っているのは、神奈川県小田原市に工房をかまえる薗部産業さんです。 ろくろ挽きの技法を用いて職人によって一点一点手作業で作られています。 木を選別し乾燥、成形、塗装仕上げまでの作業を職人が行い、お椀一点が出来るまで10カ月という時間を要しているそうです。 日本原産の銘木を使い、バリエーションはくり、けやき、くるみ、さくら、なら、ぶなの6種類。 それぞれの異なる木目の美しさがあり、色や重さも違います。同じ樹種であっても一つとして同じものはありません。巡り合ったお椀は世界に一つ、それだけで愛着が湧きますね。 持ってみるとぽってりとした丸いフォルムが手になじみ、優しい木のぬくもりを感じます。使い心地も抜群で、熱いものを入れても手にじかに伝わらないようになっているのでお子様にも安心です。また表面にウレタン加工が施されているので汚れがつきにくく、水弾きがよいので普段使いできるのも魅力です。 銘木椀 木椀をひっくり返すと木種が刻印されています。 わが家は家族みんな違う樹種にしたので、「今日は桜にしようかな」とその日の気分で選んでいます。自分だけの木椀と決めて使う予定でしたが、どれも良くてひとつに絞れず. . . みんなで使おう!となりました。笑 汁物だけでなく、シリアルやヨーグルト、サラダボールとしても重宝しています。 様々な用途で使用できるのもうれしいですね。家族みんなで経年変化を楽しみながら育ててゆきたいなと思っています。 銘木椀 銘木椀 各種¥3,800 +tax 化粧箱入りになりますので、贈り物にもおすすめです。 天然木ならではの風合いをお手にとって是非ご覧ください。    ]]>