白山陶器 G型しょうゆさし 

こんにちは、江別店スタッフの高橋です。

江別蔦屋書店内のメトロクス江別店は、今月でオープンして早くも1年半が経ちました!
オープンよりたくさんの白山陶器を取り扱っておりますが、取り扱いをやめたシリーズや
新しく仲間入りしたシリーズなどもたくさんあります。

その中でもオープン以来定番で扱っている、森正洋さんデザインの“G型しょうゆさし”についてご紹介します。

1958年からデザインも製法も変えずに生産されているロングセラーのしょうゆさしです。
1300℃の高温で焼成した磁器は、硬度が高く耐薬品性にも優れ、吸水性がなく衛生的にお使いいただけます。

人気の理由は大きく4つあり、
安定感の良い底の形状、片手で持ちやすいくびれ、しょうゆを補充したり洗いやすい広めの口、たれにくい注ぎ口があげられます。
おしょうゆの他、お酢や他の調味料入れとしても使え、内側は中の調味料が解りやすいように、白磁で仕上げているのも細かいポイントです。
実際に使ってみて、おしょうゆをさした時のキレの良さ、そしてお手入れのしやすさにはびっくりしました。
注いだ後は、少しだけもどすように傾けるのが、注ぎ口にしょうゆを残さないコツだそうです!


2018年にはグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しております。
大小2サイズ、カラーバリエーションも豊富にありますので、どうぞお手に取ってご覧になってください。

大(160ml)¥1.700+tax
小(80ml)¥1.500+tax