アルネ・ヤコブセンの名作クロック・ステーション

今回は前回に引き続き、新入荷の商品をご紹介します。

世界的な建築家・デザイナーのアルネ・ヤコブセンが1940年代に手がけたテーブルクロックをローゼンダール社が忠実に復刻したテーブルクロック・ステーションが入荷しました。

テーブルクロック・ステーション

サイズは幅11cm、高さ12cmのです。デスクの上に置いて邪魔にならないサイズで、かつ視認性も高いテーブルクロックです。
復刻に際し、オリジナルのディテールが忠実に再現され、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能が搭載され、現代にあった機能が加えられました。当時はコンセントタイプでしたが、復刻品は単三電池(2本)で使用できるようになりました。

テーブルクロック・ステーション

文字盤はスタンダードなフォントを使用し、ドイツの技術規格に基づき制作されています。針の形状もスッキリと見やすくデザインされています。当時このデザインが高く評価され、国内の鉄道の駅で使われるクロックのデザインに採用されたことで、デンマーク国内の鉄道駅にヤコブセンのデザインが普及していきました。

詳細はウェブショップでもご覧いただけます。
店頭でも展示しておりますので、気になる方は是非店頭でご覧ください。