ECLISSE(エクリッセ)入荷しました

こんばんは。
昨日、東京の桜の開花宣言のニュースが流れていましたね。
北海道の桜はあと一ヶ月くらいは先の話ですが、気持ちだけ先取りで春な気分になりました。

さて、先週土曜日から店内の展示が大きく変わり、ジュニアシリーズの展示が始まりました。
普段はなかなかたくさんの種類を展示できていなかったので、この機会に是非ご覧になってください。

ジュニアの展示開始に合わせて、幾つか照明器具も展示を開始しています。
今日はその中からECLISSE(エクリッセ)をご紹介します。

eclisse

ジュニアがデザインされたのが1966年で、翌年の1967年にエクリッセはデザインされました。エクリッセはイタリア語で日食を意味しています。デザイナーは、ヴィコ・マジストレッティ。

マジストレッティは家具の世界では、カッシーナ、アルフレックス、カルテル、アルテミデなどから製品を発表しました。手掛けた製品のうち12点がニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選定され、戦後のイタリアンデザインの中心的存在の一人として、建築、家具、工業デザインなど様々な分野で活躍しています。エクリッセもまた1967年にコンパッソドーロ賞を受賞しています。

eclisse2
内側のシェード(白い部分)を黒いダイヤルで回転させることで、光量を調節できます。シェードから漏れる光で満ち欠けを表現したオブジェのようなテーブルランプです。お部屋の中で幻想的な光を楽しめます。
店頭では写真のオレンジを展示しております。