プロダクト製品のマイナーチェンジ

皆様はじめまして、
札幌生まれ、札幌育ちのスタッフ、飯田です。
よろしくお願いいたします。

さて私達が取り扱っているデザインプロダクトにも製品改善(マイナーチェンジ)が、
あることをご存知でしょうか?
一般的なところでいうと自動車や電化製品がそうでしょうか。
これらは頻繁に細部が変更されており同じモデルでも生産された年代
によって使い勝手が格段に改善されたものになっていきます。

ハーマンミラー社製のアーロンチェアがこれにあたります。
この椅子はオフィスワーク専用に開発されたもので、機能もさることながら、
その独特の外見からMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネント
コレクションに選定されるなどデザインも高く評価されています。
事務所
私たちの事務所でも実際に使用しています。

発表が1994年ともう10年以上が経過していますが、現在も世界各国の
ユーザーから、いまだに支持されているのは、日々改良がなされたことも一つです。
大きな変更点は、背面のクッションのタイプが追加されたことです。
p1010704.JPG
画像の左側のY字のクッションが追加されたポスチャーフィットタイプ。
(右側が従来のランバーサポート)
いまではオーダーの大半がこのタイプです。(現在、札幌店で展示中です。)

こうした製品改善の取り組みは、私たちユーザーの意見を誠実に汲み取り、
製品開発に活かすことで、ユーザーに還元しています。
私たちの意見がこうしたプロダクトデザインに反映されることは素晴らしいことですね。

メトロクスでも、皆様よりのご意見を大切に考えています。

デザインに対しての素朴な疑問や質問など、メールでも、店頭でも構いません、
色々なご意見をお待ちしてます。 Sapporo – car rental . Carolova