便利と退屈は表裏一体

現在の株価のように気温のアップ&ダウンが激しい札幌です。
市内はほぼ雪の無い状況。このまま春になると良いのですがそんな訳もなく、
何時来るであろうドカ雪に内心ビクビクしながら過ごす日々です・・・

そんな不安定な天気&経済状況の中最近書店に行ったときに
ふと思ったのですが、やたらと○○完全ガイドなるものが日本の名店スイーツなど
のお菓子やワインといった食品関連から、温泉やレジャースポットなど
ありとあらゆるジャンルのガイドブックが目につきます。 
もちろんそれは需要があるから出版社も色んな企画を
出すのでしょう、でもものすごく違和感を覚えたんです。

この違和感はなんだろう?と考えました。
確かに中をめくると綺麗な写真とその商品の詳細が明記されており
いつでも電話やメールで簡単に手に入れる事が出来るんです。

ですが、本来欲しいと思うものはその動機付けも含めもっと自分の身近な
コミュニティーからスタートするストーリーがあったはずなんです。
例えば憧れの先輩が教えてくれたとか・・・

それが現在は有名人がお勧めのとか人気ランキング1位とか・・・

以前、誰か忘れましたが本かブログで同じような事を話していました。
その方は音楽についてなんですが、昔はレコードやCDは
ジャケ買い含めむさぼるように興味のジャンルを片っ端から聞いて
失敗もしながら良いものを見つけていったけど今はネットで
著名な人の批評を確認したり視聴しながら購入できるのはある意味
リスクは少ないが冒険がない分つまらない、そんな内容でした。

物が売れないと言われる現在ですが、売れないが故になるべくリスクの無い
最大公約数的な指標が多い気がします。それではますますつまらなくなって
いくのでは?そして多くの人はそれに気づきはじめている気がします。

私もやはり「お手軽で便利」という事にはだまされず、自分で判断する人生を歩みたい。 

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

Category スタッフブログ | Author